前号にて、年末の挨拶を終えてしまいましたが、
仕事納めの後、ライブに行きましたので、
その模様だけお伝えしようと思います。

16時半に仕事納めを終え、家に帰ると、
仲間の分まで注文していたCDが届いてました。
それを発送用に梱包したり、仕分けを行い、まずはCDの発送と配達へ。

全てを終えて恵那インターから高速に乗ったのは、
既に18時を大きく回っており、軽く夕食を食べながら高速移動し、
19時45分にロイヤルマスタードレスカフェに到着。

元々の目的は、岡崎ロイヤルマスタードレスカフェ(以下RMDC)での
"ジャービルズ"。そして伏見Jamminでの"ソウル・オブ・リバティ"でした。

理想としては、20時〜21時がジャービルズ。
21時〜22時で移動し、22時にソウルが頭から見られる皮算用でした。

ところがRMDCに到着してみると、まだ1番目の"コクランズ"が始まっていない。
いきなり予定の50分押しでのスタートとなり、ハシゴ移動に黄信号が灯り始めました。

それでもコクランズを全曲観戦し、いよいよ待ちに待ったジャービルズ。
"チキン・ザ・サン"ももちろん大好きですが、やはりヒロキ君の存在感は大きい。
初っ端から肩車のアクションが出て、「帰って来たなぁー」って感じ。

グレッチしゃもじもすっかりお馴染みになり、
お客さんはほとんどマイしゃもじを持ち、振って応援していました。

ヒロキ君の給水はバケツにひしゃく。
こうした小道具と小芝居で笑いを取るのも以前と変わらず。
笑いと演奏の抜群のバランス感が、ジャービルズの持ち味です。

途中でヒロキ君は下がり、何と最近人気急上昇中の"カウパー門脇"も登場。
特に東海地方での人気が抜群なので、この日一番の盛り上がり。

そのままラストまで一気に進み、アンコールはコクランズのビリーさんと
ロックディスタウンのセッション。
たっぷり1時間のステージを大盛況に終わらせました。

ジャービルズの終了時点で22時5分。
途中で抜ける選択も無くは無かったのですが、最後まで見届けたかった。
挨拶もそこそこにすぐに店を飛び出し、国1を豊田南ICを目指します。

衣浦豊田道路の入口をETCと思って突破しかけつつ、
伊勢湾岸道に出てトップスピードで爆走。
名古屋高速はカメラが多いのでペースを抑えつつ急いで、伏見Jamminに22時59分着。

受付もそこそこにハコに飛び込むと、
非情にもソウルのアンコール最後の曲の、最後の音が鳴ってる場面でした。

あと3分早ければ1曲だけでも間に合ったのに、
最後に岡崎インターから入っていたらどんな結果になってたのか!?
しかし最後まで諦めず、ギリギリまで攻めた結果なので仕方ないです。

I.D.OさんのDJと、ラストの"非常のライセンス"を観戦したあと、
既に0時を越え、どんどん出演者・お客さんが帰途に着く中、
ラストDJの、ひでさんの最後の曲まで踊って、2014年のライブは全て終了。

今年60本目のライブは、中途半端ではありましたが、
その代わり沢山の大好きな仲間達と年末の挨拶が交わせたので、
行った甲斐がありました。

加えて29日は同級生、30日は25年来の仲間の忘年会でしたが、
どちらもめちゃめちゃ楽しく、一年を良い形で締める事が出来ました。


前号でもお伝えしましたが、こちらのブログで更新をするのは、
これが最後となります。
2015年の分からはhttp://sekila.pro.tok2.com/wordpress/こちらでの更新となりますので、
変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。