2017 - May
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
Profile
名前TERA1950
最新記事
過去記事
カテゴリー
リンク
Rock 'n' Roll
ページお引っ越しのお知らせ
いつもありがとうございます。

こちらのブログ"Rock n Roll Days"は、2015年より、最新号は、
http://sekila.pro.tok2.com/wordpress/こちらでの更新となります。

2004年〜2014年の分は、変わらずこちらで公開しておりますが、
よろしければ新しいページの方も併せてチェック下さい。

これからも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
ザ・マックショウin中津川 告知その5〜バイクでのご来場と地域編
今回は普段HRNを始めとして、
ブレスやマジョリカでのライブに顔を出さない方からも、
問い合わせや参戦表明を多く頂いておりまして、嬉しい限りです。

特に旧車(バイク)愛好家の方から、
早々にチケットをご購入頂いておりまして、
現時点も数台のバイクでのご来場予定を聞いております。

元々HRNの時も敷地内はテーブルを並べるため、一般車の駐車は出来ませんが、
今回も当日は、会場敷地内への車の乗り入れはスタッフのみに限らせてもらい、
会場前にはバイクをずらっと並べたいと考えております。

マックショウの日比谷でのライブの時、
会場の周りにずらりと勢揃いしたCBやZの光景は壮観で、
今も忘れられない想い出のひとつです。

この地方の方にとっては「マックショウのライブに単車で行く」のは、
憧れでは有りますが、現実的には難しい事なので、
今回はそんな希望を叶えるチャンスかもしれません。

現時点での週間天気予報では、当日は「曇り時々晴れ」との事ですが、
本日(12/2火)よりぐっと冷え込み、当日も寒くなりそうです。
特に帰りはかなり寒くなる事が予想されますが、CBでもZでもハーレーでも、
是非この機会に、自慢の愛車で乗り付けて下さいね。

ただ、誘導や整列などはお手伝いさせて頂きますが、
事故や盗難に関してはこちらでは責任が持てませんので、
その点に関しましては、各自の責任でよろしくお願い致します。

また、小さいお子様や、女性、一般の音楽ファンの方の来場も多いので、
空ぶかしや暴走等の危険行為は謹んで頂きますよう、お願い申し上げます。
ルールを守って、気持ちよくライブを楽しみましょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ザ・マックショウ「スリー・ホット・ミニッツ」
発売記念全国ツアー "スリー・ホット・マックス\\\\'89"

昭和八十九年十二月七日(日) (2014.12.7.sun)
場所:中津川マジョリカ・ジャンゴ(岐阜県中津川市千旦林177-14)
開場18:00 開演19:00
チケット前売3,800円 当日4,300円(入場時に別途ドリンク代500円が必要です)

※中学生以下無料(要保護者同伴)
※前売り券ご購入先着100名様に特典あり

問合せ マジョリカ0573-66-7211
    名古屋クリームソーダ052-251-1967
メール hello.rock.night@gmail.com

※チケットは、プレイガイドでの取り扱いはありません。
チケットは「窓口取り置き」のご予約も受け付けますが、
前売券ご購入の方先着100名様に「マックショウin 中津川」
ロゴ入りオリジナル缶バッジ(完全限定・非売品)をプレゼント致します。

特典商品の残数は僅かですが、まだ残っています。
折角なら特典付きチケットのご購入をお勧めします。

※特典の対象は、前日までにご購入の方に限ります(無くなり次第終了)。

※郵送でのチケットの発送の受け付けは、本日(12/2)を持って終了致します。

●チケットには管理上番号が振られていますが、入場順ではありません。
●当日は先着順の入場となりますので、ご了承下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

自分としては、中津川市、恵那市の方はもちろん、
瑞浪市、土岐市、多治見市、飯田市、駒ケ根市、木曽福島市など近郊の方にも、
是非この歴史的なライブにご来場頂けたらと願っております。

自分はそちら方面に繋がりが薄いので、
もしお知り合いで好きそうな方が居ましたら、ご紹介下さい。

チケットは電話一本で窓口取り置きの対応も致しますし、
現時点の予想では、当日券も出せそうです(売り切れ次第終了)。

また名古屋近辺の方にも、ELLの様な大きな会場に比べると
距離感が圧倒的に近く、また違った楽しみ方が有ります。

普段から、中津川のロックのライブの盛り上がり方は凄いので、
その辺りも、他の会場で見るのとは、ちょっと違うんじゃないかと思ってます。

名古屋市から松本市の間でマックショウが見られる、またと無いチャンスです。
是非この機会にご来場頂けますよう、よろしくお願いいたします。


ザ・マックショウin中津川 告知その4〜ライブ実現の立役者編
以前も書きましたが、
今回の"マックショウin中津川"は、HRNでもDJをして下さるなどして大変お世話になっている、katoさんのお陰で実現しました。

katoさんが、中津川のHRNの盛り上がりを見て、通常岐阜市で行う分のマックショウのツアーを、「一度中津川でもやってみますか?」と話しを振って下さったのです。

すなわち今回、こんな夢の様なライブが実現した背景は、ずっと地道に、内容の濃いイベントを続けて来られた事にあり、その一番の立役者は、毎回HRNを盛り上げてくれるお客様に他なりません。

自分としても「中津川にマックショウが来てくれたらいいなぁ」という事は、
自分の企画するイベントがサマになって来た頃から、何となく思って
いましたが、とうとうそれが実現する事になり、本当に興奮しています。

この例は、非常に多くの大切な事を教えてくれている様にも思います。
もちろん、運とか、縁とかいう要因も多少はあると思いますが、
「地道に続ける事」がこれを呼び寄せたのだと思います。

HRN以前のサンドラディー、ブルーエンジェルから始まり、
シードラゴンでは元B.A.Tの砂川雅由氏、
グレッチブラザースでは元マジックの山口憲一氏、
そして世界のロカビリーアイドル、リーバイ・デクスターに至るまで、
数々のビッグネームのライブを成功させて来た事が、
全て一連の流れとして繋がっています。

そしてもちろん、今回の"マックショウin中津川"にも同じ事が言えます。
これは12/7たった一日の事柄ではなく、今後の展開へと、
確実に繋がって行きます。

今回を盛り上げで、2度・3度と続けて成功させる事が出来たなら、
3年後くらいに、俺も想像付かない様な、もっと驚く様な人が
中津川でライブをしてるかもしれませんよ?

その意味でも、今回のライブは絶対に成功させたいので、
是非ともよろしくお願い致します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ザ・マックショウ「スリー・ホット・ミニッツ」
発売記念全国ツアー "スリー・ホット・マックス\'89"

昭和八十九年十二月七日(日) (2014.12.7.sun)
場所:中津川マジョリカ・ジャンゴ
   (岐阜県中津川市千旦林177-14)
開場18:00 開演19:00
チケット前売3,800円 当日4,300円
(入場時に別途ドリンク代500円が必要です)

※中学生以下無料(要保護者同伴)
※前売り券ご購入先着100名様に特典あり

問合せ マジョリカ0573-66-7211
    名古屋クリームソーダ052-251-1967
メール hello.rock.night@gmail.com

※チケットは、プレイガイドでの取り扱いはありません。
チケットは取り置きのご予約も受け付けますが、
前売券ご購入の方先着100名様に「マックショウin 中津川」
ロゴ入りオリジナル缶バッジ(完全限定・非売品)
をプレゼント致します。

中津川近郊以外の方で、特典付き前売券をご購入希望の方は、
メールでのご注文をお願い致します。

以下を本文に貼り付けて、必要事項をご連絡下さい。

<公演日・公演名>
「12/7 マックショウライブ@中津川マジョリカ・ジャンゴ」

<申込者>
住所・氏名・電話番号

<申込枚数>
枚数

折り返し振込先と振り込み金額をご連絡します。
振込確認後、普通郵便82円で発送します。
※返信が受けられる設定をお願い致します。

●先着特典の商品は、無くなり次第終了となります。
●チケットには管理上番号が振られていますが、入場順ではありません。
●当日は先着順の入場となりますので、ご了承下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

特典付き前売りの100枚が早々に売り切れていたら、
明日はDJ BAWさん主催の横浜BBストリートのライブに行くつもりでしたが、
とてもそんな余裕はないので、明日も地元に残ってプロモーション活動にいそしみます。

特典付きチケットは、残り30枚ほどあります。
完売出来なくても、窓口取り置きや当日券の方には、この特典商品をお渡しする事は出来ませんので、ご了承下さい。

チケットの取り置きは、通常通り受け付けしております。
ザ・マックショウin中津川 告知その3〜キャッチコピーの秘密編
今回のポスター/フライヤーには、
「昭和51年5月23日以来の衝撃。」というキャッチコピーを入れて作らせてもらいました。

この日付が何を意味しているかと言うと、実はこの日、中津川文化会館で、あの矢沢永吉さんがコンサートを行ったのです!!
今回の"マックショウin中津川"は、それに匹敵するインパクトだと思い、今回のライブが決定した時に、すぐにこのコピーが浮かびました。

この時のツアーは、矢沢さんとしては、ソロになって2年目。
1976年4月から12月にかけて全国66箇所を回った、
"33000 MILES ROAD JAPAN"というタイトルの時のものです。

当時自分はまだ小学5年生で、CAROLの名前は知っていた物の、
「矢沢永吉」というソロシンガーの存在は、全く知らなかった頃の事です。

矢沢さんは、1978年、自分が中1の時に「時間よ止まれ」の大ヒットで、
文字通り、日本中の誰もが知るスーパースターの地位を確立し、
当時は周りの誰もが「永ちゃん」が一番のヒーローだと思っていました。

その時になって、以前「永ちゃん」が中津川でコンサートを行った
という話しを聞き、それをとても羨ましく思うとともに、
もっと早く生まれて来なかった事を、悔しく感じました。

以来38年間、土岐市には一度来た事があるものの、
それから矢沢さんは、中津川を訪れて居ません。

一説には盛り上がり過ぎてしまい、それ以降、中津川文化会館での
ロックコンサートが禁止になったなど、数々の伝説を残していますが、
今の自分には、羨望と共に想像するしか方法はないのです。

そして今回の"ザ・マックショウin中津川"です。

CAROLの様なスタイルとロックンロールで現れ、
CAROLの活動期間を遥かに越える長期間、人気を維持し続けるバンド。

奇しくも矢沢さんと同郷の広島出身で、ザ・コルツ時代には、異例の
矢沢さんのコンサートのオープニングアクトを務めた経験を持つ人物。

どちらもロックンロールで成功したという、矢沢さんとの共通点を
多く持つ"ザ・マックショウin中津川"。
予定が合うのであれば、これを見逃す手は無いと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ザ・マックショウ「スリー・ホット・ミニッツ」
発売記念全国ツアー "スリー・ホット・マックス\'89"

昭和八十九年十二月七日(日) (2014.12.7.sun)
場所:中津川マジョリカ・ジャンゴ
   (岐阜県中津川市千旦林177-14)
開場18:00 開演19:00
チケット前売3,800円 当日4,300円
(入場時に別途ドリンク代500円が必要です)

※中学生以下無料(要保護者同伴)
※前売り券ご購入先着100名様に特典あり

問合せ マジョリカ0573-66-7211
    名古屋クリームソーダ052-251-1967
メール hello.rock.night@gmail.com

※チケットは、プレイガイドでの取り扱いはありません。
チケットは取り置きのご予約も受け付けますが、
前売券ご購入の方先着100名様に「マックショウin 中津川」
ロゴ入りオリジナル缶バッジ(完全限定・非売品)
をプレゼント致します。

中津川近郊以外の方で、特典付き前売券をご購入希望の方は、
メールでのご注文をお願い致します。

以下を本文に貼り付けて、必要事項をご連絡下さい。

<公演日・公演名>
「12/7 マックショウライブ@中津川マジョリカ・ジャンゴ」

<申込者>
住所・氏名・電話番号

<申込枚数>
枚数

折り返し振込先と振り込み金額をご連絡します。
振込確認後、普通郵便82円で発送します。
※返信が受けられる設定をお願い致します。

●先着特典の商品は、無くなり次第終了となります。
●チケットには管理上番号が振られていますが、入場順ではありません。
●当日は先着順の入場となりますので、ご了承下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今は「マックショウをよく知らない」という方も、
SOLAR BUDOKAN以外で、中津川に今が旬のミュージシャンがやって来る例は
ほとんど無いので、見ておいて損は、絶対に無いと思いますよ。
ザ・マックショウin中津川 告知その2〜マックショウの軌跡編
マックショウのスタートは2002年。

コージーマックこと岩川さん、トミーマックこと神田さんは、
広島出身で、10代の頃から"ROLLIE"として活躍していました。
そして88年にメジャーデビュー。

元々岩川さんはデビュー前から、
「広島にブライアン・セッツァーの様なギターを弾く奴がいる」
と、注目を集めていた天才ギタープレイヤーだったそうです。

"ROLLIE"は革ジャン・リーゼントで、ロックンロールをプレイする
4人組のバンドでしたが、3枚のアルバムを残し3年で解散。
このアルバムは現在ではプレミア付きで取引されていまして、
正に伝説のロックンロールバンドとなっています。

その後岩川さんは、91年に"THE COLTS"を結成。
伝説のレーベル"SCARFACE"での活動を開始します。
それから紆余曲折がありまして、"THE SUNS"として別に
活動していた神田さんが合流し、97年には再びメジャーデビュー。

TV番組のポンキッキーズや、マクドナルドのCMに出演していたのは
この頃ですが、ちょうど2年契約が切れた時点で独立。
自身のレーベル"B.A.Dレコーズ・ユナイテッド"を設立し、今に至ります。

01年には"THE COLTS"も10周年を迎え、インディーズとしての活動も
順調に進んでいましたが、人数の多い"THE COLTS"では身軽に
ツアーが出来ないからと、ドラムにバイクボーイさんを迎え、
別働隊の様な形で02年に始動したのが"ザ・マックショウ"となります。

初期には別編成の時期もあったものの、3ピースで、革ジャン・リーゼントの
キャロルを彷彿とさせるスタイルでライブを行ったところ、これが評判を呼び、
当時主流だった、ネットの掲示板(BBS)で「凄いバンドが出て来た」と話題になり、
その存在を知りました。

2003年には1stアルバム"Beat the Mackshow"をリリースします。
俺は、いち早く入手した黒猫ミッキーに聴かせて貰ったところ大ハマリ。
特に歌詞の世界観に共感し、すぐに自分でも入手し、聴きまくります。

そして楽しみにしていた2ndアルバム「怪人二十面相」で、
「今夜だけが」を聴いたときの衝撃は忘れられません。
この歌詞を聴いた瞬間に「このバンドは凄い事になる」と直感しました。

初めて見たライブは、2003年なのか、2004年なのか記憶は曖昧ですが、
(恐らく2004年の怪人二十面相のレコ発?)
岐阜ブラボー(各務原くじらドーム)でのステージでした。

当初からマックショウは、岐阜でライブを行ってくれていたのです。
それはもの凄い盛り上がりで、岩川さんは倒れて運ばれて行くまでプレイし、
それ以来、このバンドをずっと応援して行こうと誓いました。

マックショウの、世間に与えたインパクトはもの凄く、
各地で返り咲きのローラーを生み出し、CBやZを中心とした、
旧車會的ムーブメントの盛り上がりへの影響も、多大だと思います。

"Beat the Mackshow" "怪人二十面相" "爆発!750小僧" "ブルメタ★反抗賊"
"フルスロットル・レッドゾーン" "CANDY GOLD SUNSET"と5枚のアルバムを
リリース後、もうこのスタイルでは全てやり切っただろうと言う事で、
2008年の日比谷野音でのライブをもって、活動を休止しようとします。

しかし6年間の活動で、キャロル、ブレインウオッシュバンド、トラブル等の
CDの再発には繋がった物の、後を引き継ぐ新たなスターは生まれず、
更に全国から寄せられる「辞めないで」の声に応える形で、1年間の休養後、再び活動を再開。

それからも"ヒア・カムズ・ザ・ロカ・ローラ" "ロカ・ローラ・ゼロ"
"GREASY!" "狂騒天国"と、毎年新作を送り出し、今年の"スリー・ホット・ミニッツ"が
通算11枚目の作品となる訳です。(他にもライブ盤・ベスト盤・シングル盤・アナログ盤・ライブDVDなど多数)

マックショウは、その見た目と、使用している楽器からも分かる通り、
初期のビートルズや、キャロルに多大な影響を受けているバンドで、
元々の成り立ちが、そうしたグッド・オールド・ロックンロールに対する
リスペクトやトリビュートから生まれている事は疑う余地もありません。

これは元々シンプルなロックンロールから始まって、THE COLTSをはじめ
色々なバンドでの活動を通し、一通りの音楽をやり尽くした上で、最初から、
"革ジャン・リーゼント・3コードロックンロール"という枠の中で出来る事を
突き詰めようと、意識的に設けた「縛り」らしいのです。

思えばビートルズにしても、キャロルにしても、デビューして
3コードのロックンロールをやっていた時期は、どちらも3年足らずです。

逆に言えば彼らの様な天才をもってしても、3コードロックンロールでは、
3年の壁を越えられなかったと言えるのではないでしょうか?

それに対し、12年もの長きに渡って、
まだまだ意欲的に3コードロックンロールの作品を
生み続けている岩川さんの才能は、驚きに値します。

つまりマックショウは、単なる昔を懐かしんで、革ジャン・リーゼントで
ロックンロールしてるバンドではなくて、究極的な音楽の表現法として、
敢えて制約の多い3コードのロックンロールを選び、絶滅しかけた
ロックンロールに、新たな命を吹き込み続けているバンドなのです。

岩川さんの天才的な歌唱力、作詞・作曲の才能は、
矢沢永吉さんに匹敵するものだと、個人的には思います。
矢沢さんの跡を継げるのは、横山剣さんと、岩川浩二さんを置いて他に無いでしょう。

そんな天才が、中津川にやって来る訳です。
その意味の大きさが、皆さんに伝わったら嬉しく思います。
こんな事、二度と無いかもしれません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ザ・マックショウ「スリー・ホット・ミニッツ」
発売記念全国ツアー "スリー・ホット・マックス\'89"

昭和八十九年十二月七日(日) (2014.12.7.sun)
場所:中津川マジョリカ・ジャンゴ
   (岐阜県中津川市千旦林177-14)
開場18:00 開演19:00
チケット前売3,800円 当日4,300円
(入場時に別途ドリンク代500円が必要です)

※中学生以下無料(要保護者同伴)
※前売り券ご購入先着100名様に特典あり

問合せ マジョリカ0573-66-7211
    名古屋クリームソーダ052-251-1967
メール hello.rock.night@gmail.com

※チケットは、プレイガイドでの取り扱いはありません。
チケットは取り置きのご予約も受け付けますが、
前売券ご購入の方先着100名様に「マックショウin 中津川」
ロゴ入りオリジナル缶バッジ(完全限定・非売品)
をプレゼント致します。

中津川近郊以外の方で、特典付き前売券をご購入希望の方は、
メールでのご注文をお願い致します。

以下を本文に貼り付けて、必要事項をご連絡下さい。

<公演日・公演名>
「12/7 マックショウライブ@中津川マジョリカ・ジャンゴ」

<申込者>
住所・氏名・電話番号

<申込枚数>
枚数

折り返し振込先と振り込み金額をご連絡します。
振込確認後、普通郵便82円で発送します。
※返信が受けられる設定をお願い致します。

●先着特典の商品は、無くなり次第終了となります。
●チケットには管理上番号が振られていますが、入場順ではありません。
●当日は先着順の入場となりますので、ご了承下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


本物のプロの演奏を見るだけでも金に換えられない価値があります。
それがワンマンで、わずか3,800円で見られるのは夢の様な話しです。
都合は自分でつける物です。是非お見逃しなきよう。

※特典付き前売りチケットは、まだまだ余裕で間に合います。


ザ・マックショウin中津川 告知その1〜よろしくお願いします編
こちらでの告知が遅れましたが、

12/7(日)に、中津川にてマックショウのライブを行います。

HRN#19も終わったばかりなのですが、全く休む間もなく、こちらの準備に取りかかっております。

本当は医者にも行かなきゃいけないのですが、既に1ヶ月を切っており、宣伝のため名古屋にも、飯田にも行きたいので、そんな暇は無いと思われます。ともかく、もう少し無理して頑張って行きますので、是非皆さま応援よろしくお願い致します。

中津川って、やはり音楽の街らしく、有名なミュージシャンも
沢山来てくれますが、残念ながら、メジャー級で、現在第一線で
活躍するミュージシャンが来てくれるケースはほとんどありません。

マックショウも実際はインディーズですが、
その存在感は、クレイジーケンバンドと同じく、
メジャーを超えていると言って良いでしょう。

なんせロックンロールで成功した人は、矢沢永吉さんか、
岩川さんくらいのものでして、実際矢沢さんの後を継げるのは、
ザ・マックショウの岩川さんを置いて他に居ないと思います。

そんな偉大な岩川さん率いるザ・マックショウが、
11/12発売の通算11枚目のニューアルバム「スリー・ホット・ミニッツ」の
レコ発ツアーに、何と中津川を組み込んでくれました!!

これはHRNでもお世話になっている、katoさんの計らいによるものです。
「TERAさん凄いですね〜」と言ってくれる方も見えますが、とんでもありません。
俺は単なる現地の連絡係に過ぎませんので、全く凄い事は何もありません。

しかし、歴史的とも言えるこのライブを成功させるために全力を尽くします。
グリースミーで「行き先は中津川っ!!」って言って欲しいし、
満員にして、岩川さんに「中津川、凄えじゃん!」て言って頂きたいです。

チケットは既に受け付けを開始しておりまして、岐阜や飯田市、
また地元でも、普段ブレスやジャンゴに来ていない方からの問い合わせも、
どんどん入って来ております。

普通のライブと同じく、チケット取り置きも受け付けますが、
前売りチケットご購入の方で、先着100名様には特典が付きますので、
どうかご利用下さい。

特典の商品は、ザ・マックショウ公認の、「ザ・マックショウin中津川」の
ロゴ入り缶バッジとなります。この商品はこちらで独自に用意するものなので、
他では絶対に手に入りません。

こちらは、いつものHRNの手作りのものとは違い、業者に発注した
本格的な商品です。まだまだ先着100名様には余裕で間に合いますので、
お早めに決断し、どうせなら特典をゲットして下さいね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ザ・マックショウ「スリー・ホット・ミニッツ」
発売記念全国ツアー "スリー・ホット・マックス\'89"

昭和八十九年十二月七日(日) (2014.12.7.sun)
場所:中津川マジョリカ・ジャンゴ
   (岐阜県中津川市千旦林177-14)
開場18:00 開演19:00
チケット前売3,800円 当日4,300円
(入場時に別途ドリンク代500円が必要です)

※中学生以下無料(要保護者同伴)
※前売り券ご購入先着100名様に特典あり

問合せ マジョリカ0573-66-7211
    名古屋クリームソーダ052-251-1967
メール hello.rock.night@gmail.com

※チケットは、プレイガイドでの取り扱いはありません。
チケットは取り置きのご予約も受け付けますが、
前売券ご購入の方先着100名様に「マックショウin 中津川」
ロゴ入りオリジナル缶バッジ(完全限定・非売品)をプレゼント致します。

中津川近郊以外の方で、特典付き前売券をご購入希望の方は、
メールでのご注文をお願い致します。

以下を本文に貼り付けて、必要事項をご連絡下さい。

<公演日・公演名>
「12/7 マックショウライブ@中津川マジョリカ・ジャンゴ」

<申込者>
住所・氏名・電話番号

<申込枚数>
枚数

折り返し振込先と振り込み金額をご連絡します。
振込確認後、普通郵便82円で発送します。
※返信が受けられる設定をお願い致します。

●先着特典の商品は、無くなり次第終了となります。
●チケットには管理上番号が振られていますが、入場順ではありません。
●当日は先着順の入場となりますので、ご了承下さい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

念願のザ・マックショウのライブを、中津川で出来る事になり、
不安もありますが、本当に嬉しくてたまりません。
これから一ヶ月、ちょこちょこ更新して行きますので、チェックして下さいね。

それでは残り一ヶ月、最後までお付き合いよろしくお願い致します。
HRN#19告知その7〜いよいよ明日・お知らせ編
さて、いよいよ明日本番となりましたHRN#19です。

今週は暖かく、とても爽やかな天気が続いています。
明日は曇りになりそうですが、とりあえず雨の心配は無さそうで、ほっとしています。

ただ明日の夜は少し寒くなるかと思われますので、ご来場の際には、念のため、暖かくしてお越し下さい。

明日のライブも素晴らしいものになると確信しておりますが、いくつかお知らせがありますので、順にお伝えさせて頂きます。


まずは最鋭輝さんですが、11/18より発売予定のニューアルバム
「トーキョー狂騒曲」が、今回のツアーに間に合いまして、先行発売されます。

デモ盤を聴かせて頂きましたが、すごくいいです。
歌謡曲風の曲調は最鋭輝さんの持ち味ですが、
前向きな気持ちになれる歌詞や、きちんと歌うボーカルも好感度高し。

毎月新曲を発表する最鋭輝さんですが、20年活動を続けて来ても
こんなに純粋な歌詞が書けるのは、最鋭輝さんの、音楽に対する深い愛情を感じます。

「トーキョー狂騒曲」10曲入り税込み2,000円。
きっと気持ち良くなれるアルバムだと思いますので、
ライブを見て好きになったら、是非よろしくお願い致します。


続きまして"THE KICKBACKS"からは、新作Tシャツのお知らせです。
まだ4度しかライブを行っていないキックバックスですが、
最初に作ったTシャツは早々にソールドアウトしてしまいました。

再生産されるのかと思いきや、デザインを一新し、
新作が発表されまして、ライブ会場での販売は、中津川が最初になります。

XS,S,M,L 税込み2,500円。
ブラックボディにシルバープリントのプレイングハンド。
バンTと言うより、ファッションアイテムとしても、優れたデザインです。
どんな場面にも似合う事間違い無しなので、良かったらどうぞ。


もうひとつ、告知はまた改めて行いますが、
来月12/7の日曜日に中津川ジャンゴにて、
"ザ・マックショウ"のライブを行う事が決定しました!!

つきましては、明日11/8よりチケットの先行販売を開始致します。
前売り券ご購入先着100名様には"マックショウin中津川"の
オリジナルロゴ入り缶バッジをプレゼント致します。

この缶バッジはいつもの手作り品ではなく、
業者に発注した特注品で、他では絶対に手に入りません。
(商品はまだ届いてないので後日お渡しする形になります)

マックショウin中津川 前売りチケット 税込み3,800円。
プレイガイドでのチケットの取り扱いはありません。
数量も限定(未発表)となりますので、お早めのチケット手配をお薦めします。


最後のお知らせですが、今回も、お子様連れのお客様向けに、
オリジナルチロルチョコを作りました。
缶バッジプレゼントと併せまして、ご来場時のお楽しみに是非どうぞ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

5月のHRNでは初のレギュラー落ちを経験した"SHOUT!"も気合いを入れて臨みます。
きっと素晴らしいステージを魅せてくれるものと信じます。
トップバッター18:30の出番ですので、お見逃し無く。

また新たなレギュラー"ザ・ビールートズ"は、前回に続きバンド形態での出演。
オリジナル2曲に、前回とは全く曲を入れ替え、こちらも気合いのステージです。
3番目19:40頃の出番となりますので、よろしくお願い致します。

HRNは主催者の全責任で行っていますので、
出演バンドにチケット販売のノルマはありません。

7月のRRWに続き、今回も、手応えの無いまま前日を迎えてしまい、
今のところ相当な赤字が発生しそうな予測ですが、
なんとか最後に挽回出来るものと信じて、皆様のご来場をお待ちします。

当日始まってからでも、お知り合いの方は全て前売り金額で
受け付けさせて頂きますので、音楽と地元を愛する方で、
もしお時間がありましたら、是非応援よろしくお願い致します。


HRN#19告知その6〜クリームソーダ中津川店編
さて、もう一週間を大きく切りました。

ようやくこの週末からチケットも動き出した感じですが、
まだまだいつもの調子にはほど遠い感覚です。

諦めずギリギリまで受け付けしておりますので、週末の予定が空きましたら、
いきなりでもOKなので、足をお運び下さい。
家でTVを見てるより、遥かに上等な時間が過ごせる事請け合いです。

当日はヤードの仲間の結婚式2次会があります。
俺も出席出来ないのが不本意ではあるのですが、
2次会からの流れの方は、当日の受け付けでも前売り料金で受け付けます。

また充分飲んで来てると思われるので、
2次会からの流れの方に限り、入場時のドリンク代は
必要なしとしますので、必要な方だけ各自ご購入下さい。


さて、今回も恒例のクリームソーダ中津川店の開店です。
今回の目玉は何と言っても、イナズマステッチのジーンズです。

ピンクドラゴンの時代になり、クリームソーダのジーンズと言えば
ファイヤーステッチがお馴染みとなりましたが、
80年代のジーンズはイナズマステッチでした。

俺も高校時代にこのイナズマステッチのブラックジーンズを履いていて、
学校にも、学ランの下に、このジーンズを履いて通っていました。

当時はボンタン・ドカンの全盛期でしたが、
自分はリーゼントでロックンローラーを気取っていたので、
3年生の時にはもう、太いズボンは履かなくなっていました。

そんな甘い思い出のイナズマステッチジーンズ。
今回はブラックではなくブルーですが、
昔からのファンとしては、是非持っておきたい1本です。

※写真のアイテム紹介(当日販売アイテムのごく一例です)
角ドクロコーム(白・黒・ヒョウ柄) 540円
ヒョウ柄丸ドクロヘビーウェイトジップパーカ 9,180円
ピックキーホルダー(4種) 432円
ギャバジンスウィングトップ(赤・黒) 16,200円
ゼブラ切替ウエスタンブルゾン 17,282円
イタリアンカラーデニムブルゾン 19,440円
ティミーJAIL HOUSE ROCKトレーナー 5,940円
CSデニムパンツイナズマステッチ 16,200円
CSヒョウ柄バックパック(赤・青・黄) 8,100円

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


あと注目は、切り替えのウエスタンブルゾンや、裏地がヒョウ柄の
スイングトップも最高ですが、「白いコーム」も要注目です。
これも商品化されるのは、80年代の初期型以来と記憶しています。

自分はヴィンテージのコームを持っていますが、
普段それをレプリカした白のコームを愛用していたので、
今回はこれを大人買いしておこうと思っています。

夢の広がるクリームソーダ中津川店。
今回も8時半頃開店です。
おこずかいを握りしめて集りましょう。

HRN#19告知その5〜ヨハンソン編
ヨハンソンは2005〜2006年頃、地元で結成されたバンドです。

当時見た事が有ったかどうかは定かでは有りませんが、活動を休止して長い時間が経っている事だけは間違い有りません。

2011年に、震災関連のチャリティーイベントに弾き語りのスタイルで出演したのを何度か見ましたが、その時は本来の形ではありませんでした。

そんなヨハンソンを、初めて本来の姿で見たのは、今年7月に市内で行われた、地元のカリスマミュージシャン&イベントオーガナイザー・マサキ君の結婚式2次会での、余興の席でした。

マサキ君から「最高の3ピースバンド」と紹介を受けたこのバンド。
「へえ、実はバンドだったんだ?」くらいの軽い気持ちで見始めたのですが、
この時いきなり始めた"JET-RED"という曲がめちゃめちゃカッコ良くて、
ぞわぞわ〜っと鳥肌が立つ様な感覚に襲われました。

集っていた100名を越える招待客も、ほとんどが音楽関係者。
その中に有って、皆もの凄い反応で、予定では1曲のところ、
アンコールが巻き起こってしまい、計2曲を披露してくれました。

この時ちょうど11月のHRNのバンドを探していたのですが、
一発でビビっと来てしまい、すぐその場でHRNへの出演交渉をしました。
だって、このバンドで、ちゃんとしたライブを見てみたい!!と、素直に感じてしまったのです。

当初はマサキ君の強い一存で実現した、一夜限りの再結成のはずだったと思いますが、
この日の予想以上の反響にメンバーもその気になったらしく、
後日、快く出演を受けて頂けました。

ヨハンソンは、G/Vo.ジュンジ君、Bオゼキ君、Dr.トイデー君の3人組。
メンバーそれぞれは、今は"ブルースペペローションズ""ジョイカム""時間"など、
中津川の至宝とも言えるバンドで活躍中の、腕利きミュージシャン集団です。
それぞれのバンドでの活動を見ていても、
各々の音楽的才能の凄さを感じるのですが、特にこのバンドでは、
ジュンジ君のボーカリストとしての才能が良く感じられるバンドだと思います。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


中津川には本当に良いミュージシャンが沢山居まして、
毎回色んな方にフライヤーを渡して、HRNの宣伝をさせて貰うのですが、
自分の力足らずもあり、なかなか来てもらう願いは叶いません。

ジュンジ君やトイデー君も、一度是非HRNを見て欲しい
ミュージシャンのひとりでしたが、今回はようやく、
出演者としてHRNに来てもらう事が実現し、本当に嬉しく思います。

そしてこの機会に、"時間"や"ジョイカム"のファンの方にも
遊びに来て頂き、HRNというイベントを知って頂けたら最高です。

HRN#19告知その4〜キックバックスとアムロ編
出演バンド紹介の第2弾は、今回のメインアクトを務めます、"ザ・キックバックス"です。

まずはバンドプロフィールを、オフィシャルFacebookページから紐解いてみましょう。


「2014年が明ける。フクシマ(THE Lowers,JUNCO PARTNER)、
アムロ(BLUE☆ANGEL,SEKILA)のミーテイングが始まる。

そこにカズマ(フリントロックス,Cool Cat's)、
ジゲン(Briar,彩連,ザ・ナウ,ex.SEKILA LAST CABARET)が賛同。
4人が集まる。

スタジオに入る前のトークセッション段階から、
『何かにこだわりすぎて方向を狭めていくようなスタイルのバンドはやめよう!』と。

フクシマ・アムロによる2人だけのスタジオ。
ぶら下げた2本のギターと2本のマイク。曲作りが始まる。

そしてバンドリハーサルがスタート!

4人の持つ引き出しの多さと楽曲の変化球、
リハーサル初日からライブのようなテンションでのぶつかり合い。
連日のスタジオから生まれる曲達。

数々のステージをこなしてきた、期待のルーキーの4人組、THE KICKBACKS。
スタジオから聞こえる『ゴキゲンな夜はまだ終わらない・・・』

2014年7月 またあの熱いステージで!!」


ザ・キックバックスは、今年の7月にデビューしたての、
まだ4回のライブ経験しか無い、フレッシュなバンドです。

デビューライブと同時に、名刺代わりの3曲入りオリジナル音源
"THREE COOL KICKS"をリリース。
すぐに地元にも紹介し、沢山の方にご購入頂き好評を博しました。

しかし曲作りも半ばで、ライブ経験も少なく、
バンドとしての目指す形も、まだ完全に定まってはないと思いますが、
ここは経験を積んで貰おうと、いきなりメインアクトでの起用となりました。

上のバンドプロフィールからも分かる通り、
メンバーは全て、歴戦をくぐり抜けて来た強者共で、
ロックンロール界のエリート集団です。

しかもリーダー、フクシマ君は、"THE Lowers"として
HRN#9に出演した経験を持っているので、何の不安もありません。

だけど"ザ・キックバックス"起用の一番の理由は、
何と言っても「アムロが所属しているバンド」という事なのです。

いま、俺がこうして活動を続けられている理由は、
アムロに有ると言っても過言ではありません。

ずっと名古屋で活動していた俺が、中津川を活動拠点とした切っ掛けは、
96年にブレスが出来た事と、アムロに出会った事が大きいのです。

初めての出会いは金髪リーゼントにグレッチのネオロカバンド"ジェットセッツ"。
その後メロコアバンド"スピードボールベイビーズで人気を得て名古屋へ。
新たにネオロカバンド"セキラ・ラスト・キャバレー"の活動を開始し、東京に進出して一時代を築く。

更にはジャパロカの頂点とも言える"ブルーエンジェル"に参加。
ビッグ・パーティーバンド"セキラ"での活動でも一定の評価を受け、
現在はメインのセキラの活動は休止して、"ザ・キックバックス"に参加。


・・今でこそ、色んなイベントに遠征して「フットワークが軽い」と言われる俺ですが、
そもそもの切っ掛けは、アムロのバンドを応援に行くためでした。
名古屋・安城・東京・富山。
それで動き始めたから、それから動くのが苦じゃなくなったのです。

今でこそ色々な土地で、色々な人と知り合って、こうしてイベントを運営していますが、
まだ中津川の田舎に引き蘢って、何の力もコネクションも持たない俺に、
「テラさんはイベントをやるべきだと思う」と最初に言ってくれたのもアムロでした。

その時は何を言ってるのか、全く理解出来ませんでしたが、
振り返ってみると、俺の本質を見抜いてくれていたのかと思います。

俺はそんなアムロの活動を通し、CDジャケのデザイン、HP制作、
イベントポスターデザインなどの裏方で、ずっと協力して来ました。
だってアムロは、俺のデザインを「好きだ」と言ってくれたのです。

俺は商売でやってる訳じゃないから、
どうせなら、そう言ってくれる奴の為に頑張りたい。
ライブを応援に行くのも、自然な事でした。

だからHRNでも、セキラの活動形態が変わる度に出演してもらい、
念願だったブルーエンジェルでも出演してもらっているので、
アムロの出演回数は、ゲスト最多の4回を数えます。

だから今回も、アルバムが出来てからレコ発で、とか、色々な考えは有るでしょうが、
先延ばしにして、何かあって、後から後悔するのは絶対に嫌なので、
真っ先に"ザ・キックバックス"を呼びたかったのです。

今回は持ち時間もたっぷり用意しましたので、
まだまだ試行錯誤なキックバックスのステージですが、
どんなメニューで俺たちを満足させてくれるのか、今からとても楽しみです。

アムロはグレッチと違った、特別なギターで、
ギタリスト・アムロとしての一面を、我々に魅せてくれる事でしょう。
奴は本当に生き生きとギターを奏でるはずです!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

アムロが活躍していた90年代後半の中津川とは、
ライブハウスで見る顔も、ヤードで見る顔も、飲み屋で会う顔も、
随分と移り変わって来ました。

だけどアムロも俺も、少し歳は取ったけど、
あの頃と変わらぬ熱い想いでステージに立ってるし、
フロアで踊り続けています。

結婚して、子供なんか出来ちゃって、仕事の責任も重くなって、
おこずかいもままならず、飲みに行ったりライブに行ったり、
遊ぶ事も自由が利かなくなってると思うけど、この夜ばかりは昔に戻って、
地元のヒーロー、アムロの最新バンドの応援に来て欲しいものです。

チケットはたったの1,500円です。
下らない会社の飲み会に付き合うより、
遥かに安くて、カッコ良くて、充実した時間が過ごせるはずです。

HRN#19告知その3〜最鋭輝さん編
あっと言う間に10月も終わろうとしています。
そろそろ、ペースを上げて告知の方もして行きたいと考えていますのでよろしくお願い致します。

最鋭輝さんは、元々"OLIVE"というロカビリーバンドでの
活動後、"サンドラディー"に参加し、94年にデビューします。

有名なNHKのファイト!に出た頃と、
サンドラの1stアルバムのジャケット、市販のDVDでは、
若かりし頃の最鋭輝さんの姿を見る事が出来ます。

またこの1stアルバムは、作曲者が自分で歌ってる感じで、
最鋭輝さんも3曲ほど歌っており、当時からソングライトの
才能を感じ取る事が出来ます。

97年の2ndアルバムの時には、もうサンドラを抜けてしまっていて、
俺が初めてサンドラのライブを見た時も3ピースでした。
98年頃からソロ歌手としてのキャリアをスタートさせた様です。

当時の活動内容的には、恐らくロカビリーからは
遠ざかっていたと思うので、"最鋭輝"さんというソロシンガーの
存在は、ずっと知らずにいました。

ところが2007年、こちらでも紹介していますが、
中津川に日野さん、鳥海さんと一緒に現れ、
1夜限りのセッションライブをして行った事がありました。

この時は、昔のままのリーゼントに50sファッションで、
日野さんとも息ピッタリに、素敵な歌と演奏を披露してくれました。

この時に初めて"最鋭輝"さんのオリジナル曲を聴かせてもらい、
60年代のGSブームを再現した衣装と髪型で「ひとりGS」の弾き語りとして
活動しているという事を知りました。

その後日野さんとインターネットラジオ「ハイ・チョイス」を始めますが、
その内容がかなりのマニアックさで、最鋭輝さんのロカビリー&ロックンロール
に対する深い造詣に驚いた事を覚えています。

この番組が影響したのかどうかは分かりませんが、
2011年頃からは、今度は「ひとりウエスタンカーニバル」として、
昭和30年代の日劇ウエスタンカーニバルを再現した弾き語りを始めます。

昭和30年代当時は、TVの音楽番組も無い時代。
「ロカビリー歌手」こそが時代の最先端で、
現在のジャニーズをも凌駕する勢いの人気を誇っていた時代です。

リーゼントにエドワードジャケットにタレサンで、
そんな熱狂的な時代の再現をステージ上で試みる最鋭輝さんのステージは、
ロカビリーに対する愛に満ち溢れていると感じます。

現在ロカビリーといえば通常はネオロカであり、
マニアックなピュアロカや、進んだサイコビリーとか色々なスタイルがあり、
どれも皆カッコいいですが、昭和30年代に「ウエスタン」と呼ばれていた
日本独自のロカビリーをテーマにする人は多くは無いと思われます。

ただし、演奏する曲は、最鋭輝さんのオリジナルソングです。
最鋭輝さんのステージは、フロアとステージが一体になってこそ、
その真価を発揮しますので、是非皆さん前に出て、
黄色い声援を贈って頂きたいと思います。

ノリの良い中津川のオーディエンスの皆さんなら、
きっと素晴らしいライブになる事と信じます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

芸歴20年以上。最近はサンドラディーにも復帰して、
昨年の3月にはサンドラの一員として中津川を訪れましたが、
ソロ歌手としても15年を越えるキャリアは伊達じゃありません。

俺はこういう、音楽への愛に溢れた人こそが成功するべきだと思っています。
是非中津川では、最鋭輝さんのステージを盛り上げたいと思いますので、
是非皆さんもご協力下さい。俺も最前で頑張ります。

HRN#19告知その2〜缶バッジデザイン発表編
立ち上げからちょうど1ヶ月。
ようやく協力店さんにもポスターが行き渡り、遠征のライブなどでも告知を行っていますが、今回はちょっと手応えが少なく、スロースタートとなっています。

当日は特に日が良い訳ではないのですが、何故か結婚式がいくつか重なっており、そのうちひとつは、自分にも義理のある、昔からの仲間の結婚式(二次会)です。

自分も行けないのが残念ではあるのですが、そちらに少なくとも20名は流れてしまうので、今回の苦戦は必至なのです。

しかし来年5月の20回記念に向けての布石もありますし、
それ以外にも、大スターからの中津川ライブへの問い合わせなど、
ワクワクする様な話も来ています。

まずは基本のHRNを最高に盛り上げて、
胸を張れる実績を残して行きたいと考えています。

その結果は必ず、更に大きなワクワクに繋がりますので、
今回もどうか応援のほど、よろしくお願い申し上げます。


今回は恒例のご来場者記念缶バッジのデザインをご紹介します。
今回も、過去にリリースしたデザインの中から12点を選びまして、
内容を変更したり、色を変えたり、リミックスして仕上げました。

2週間ほど前からコツコツ作業を進めて参りましたが、
ようやく本体部分が出来上がり、あとは安全ピンを
取り付けるのみです。

前回は予想を上回る来場者数で、新作は完パケしてしまいましたが、
今回も余るほど、多くは作っておりません。

確実に手に入れたい方は、どうかお早めのご来場をお勧めします。
また、前売りチケットをご購入の方で、缶バッジが入手出来なかった場合は、
後で言って下されば、お好みのデザインで作ってお渡ししますので、
前売りチケットのご購入もお薦めです(取り置きは対象外です)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:・ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
・最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
・ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
・ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
・SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(Dont think, feel)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

早くも残り1ヶ月となりましたが、素晴らしいライブが多過ぎて、
恐らく毎週どこかに顔を出すと思います。

これから告知の方も本格化して行きます。
バカなので、もしかしたら同じ方に何度もフライヤーをお渡ししてしまう事も
あるかも知れませんが、暖かく受け取って頂けたら幸いです。

HRN#19告知その1〜今回もよろしくお願いします編
今日(9/6)は友引で縁起が良いので、本日より正式に立ち上げます。

毎回多くの素晴らしいお客様に楽しんで頂いております、
"ハロー・ロックナイト"の第19回目を、11月8日の第2土曜日に、
中津川市のマジョリカ・ジャンゴにて、開催したいと思います。

49歳で先発勝利を挙げた同い年の山本昌氏のごとく、
今回も手を抜かず、お客様の満足のため精一杯頑張りますので、
これから2ヶ月間、是非応援よろしくお願い致します。


今回は東京から、2組の素晴らしいアーティストをお迎えします。

まずは、セキラやブルーエンジェルとして、何度もHRNのステージに立っている
地元のヒーロー・アムロが、元ローワーズ/ジャンコパートナーのフクシマ君と、
強力なタッグを組みました。

そこにBriarや彩連(サイレン)で活躍するジゲンさん(dr)と、
元フリントロックスのカズマ君(B)が奇跡的なタイミングで出会い、
ロックンロールエリート達によるドリームチームの様なバンドが生まれました。

その名も"ザ・キックバックス"

名刺代わりの3曲入りCDが既に爆発的人気を呼んでいる、
シーン大注目の新着バンドではありますが、
現時点(2014年9月)で、まだ3回しかライブを行っていません。

そんな貴重な"ザ・キックバックス"のステージを、HRNではいち早く
メインキャストとして、たっぷりその魅力をお届けしますので、
是非お見逃しの無いようお願い致します。


そして花の都・東京は銀座から、今世紀最初で最後のムーディストと異名を取る、
"最鋭輝(モトキ)"さんが、中津川の皆さんにロマンをお届けにやって来ます。

カバー5432曲・オリジナル曲2153曲と豪語するそのステージは、
弾き語りソロにして、かつての日劇ウエスタンカーニバルを彷彿とさせる、
スリルとサスペンス溢れる、エンターテイメント性満載で目の離せないもの。

"サンドラディー"や"ハイチョイス"としても中津川のステージを
湧かせた経験を持つモトキさんの、満を持してのソロでの中津川初登場。
これも絶対見逃せませんね。


そして地元初出演枠には、中津川のカリスマ・"ぱんくまあ"氏をもって、
「日本一の3ピース」と言わしめた、地元伝説の3ピースバンド"ヨハンソン"の登場。
長らく活動を休止していた彼らの、久々のライブイベント登場となります。

彼らが今後も活動を続けるのか、そうでないかは、
きっとこの日の盛り上がりに掛かっていると思います。
そんな意味でも、彼らの貴重なステージを是非お見逃し無く。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #19
日時:2014年 11月8日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:ザ・キックバックス(東京・岐阜県初登場。シーン注目の最新型R&Rバンド)
   最鋭輝(モトキ)(銀座・サンドラディーでも活躍中。今世紀最初で最後のムーディスト)
   ヨハンソン(初登場・地元伝説の3ピースバンドが、この日の為に再結集)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   SHOUT!(バックビート・ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


そしてザ・ビールートズとSHOUT!に、
RUPPI、kato、BAWによるロッキンDJという、安定のレギュラー陣。

ご来場者プレゼントに、お楽しみ抽選会、名古屋クリームソーダの出店など、
ライブ以外にもお楽しみ満載なHRN#19は、小さなお子様連れでも楽しめる、
明るく楽しいロッキンイベントです。

日々の生活のワンポイントに、ちょっとだけ刺激的な夜を、
リーズナブルな価格でご提供。
今回もきっと楽しい夜になります。是非お楽しみに!!
RRW01〜募金結果ご報告編
まずは、7/25午後、
南木曽町役場へ赴きまして「7.9南木曽町豪雨災害義援金」に
RRW01で集められた募金を納めに行って参りました。

その後未だ災害の爪痕が大きく残る町を見て回りました。
完全に流されてしまった家の辺りは、その痕跡はまるで無く、
下流の方には、未だ片付けられない家の残骸が残っています。

木曽川にそそぐ河口には、大量の土砂や大きな岩が流れ込み、
不自然に盛り上がっており、少し下流には、山から流れて来たと
思われる、おびただしい量の木材が河原に打ち上げられています。

犠牲者の出た家が有ったと思われる場所には
献花台が設けられ、犠牲となった男子中学生のものと思われる
泥にまみれた腕時計や、携帯ゲーム機が備えられ、心が痛みました。
悲しみを新たにしつつも、皆様の分まで手を合わせて来ました。

しかし流されてしまった町の中心に掛かっていた梨沢橋には、
既に架設橋が架けられ、交通規制も無く、
町民の生活は平穏を取り戻しつつあります。

土石流に流されたJR鉄橋の修復工事も順調に進んでいる様子で、
JRの発表によりますと、災害からちょうどひと月に当たる
8/9の運行再開を予定しているそうです。

物々しい雰囲気の中にも、商店やコンビニは通常に営業されており、
絶望の中にも、再生と、未来へ向けて進んで行く、
人間生活の強かさの様なものを感じました。

募金額は、当日募金箱に寄せられました募金と、
事前と事後に届けられました募金、また出演者さんとブレスさん、
売り上げ金額の一部と、個人的な募金を併せまして、
合計4万6,966円の募金を納めて参りました。

ご協力頂きました全ての方へ改めまして厚く御礼申し上げるとともに、
今回のRRWの募金結果のご報告とさせて頂きます。


RRW01告知その9〜募金への協力お願いします編
いよいよ明日となりました。
店頭分はほぼ全滅。個人的にも全く手応えは有りませんが、
奇跡を信じてやるしかありません。

当日ギリギリでも結構ですので、急にお時間が出来ましたら、是非ご来場のほど、よろしくお願い致します。
必ず「来てよかった」と思って頂ける内容となる事には自信があります。

ところで先日の7/9に、長野県木曽郡南木曽町にて、台風8号の影響による大雨が原因となる大規模な土石流が起こり、死者1名、住居全壊6棟、半壊8棟、一部損壊7棟もの甚大なる被害がもたらされる災害が起きました。

南木曽町は、中津川市と県境をまたぐ隣町にあたります。
南木曽町にある、中山道の宿場の妻籠宿は世界的に有名ですが、
自分もこの宿場の雰囲気が大好きで、子供の頃から今に至るまで、
年に一度は必ず訪れるほど、大切に思っている場所でもあります。

またちょうど被災した箇所は国道19号線のすぐ上であり、
オートバイの免許を取った当初から、その場所は数えきれないほど通過した
本当に思い出深い場所でして、今回の災害はとても他人事とは思えません。

この辺りの急斜面の地域は、有史以来繰り返し災害を経験した土地ですが、
県の外れの小さな街で、県から実効的な対策をとって貰える期待も薄く、
危険は感じながらも、土地を離れる事も出来ず暮らして来たのでしょう。

今回は中学生といった、貴重な若い命が奪われてしまいましたが、
実際にはあまり若い人が住んでる場所という印象ではありません。

永く、漠然とした不安や恐怖心のなか暮らして来たにも関わらず、
家も、家財道具も、それどころか着替えや布団、思い出の品さえ全て流され、
絶望感の中、親戚や知人宅、または公民館などに
身を寄せている方の事を思うと、たまらない気持ちになります。

以前より表明して来ましたが、ライブで人が集まる事は、それ自体がパワーです。
そのパワーを生かすべく、2011年以降、東日本大震災への募金を続けて参りましたが、
今回は、南木曽町の災害で被災された方への募金を集めたいと思います。


別の話になりますが、地元出身の後輩が今度新しいバンドを作って
CDを発売したので、売り上げに貢献しようと、SNSなどで
CD販売の告知をしてるのですが、あまり反応がありません。

「知り合いが頑張ってたら応援しようって思うのが普通だと思うけど、
いまいち反応がないんだよね〜」と話すと、

「今は普通の人が居ないんですよ。みんな自分の事だけで一杯一杯なんです。」
と返事が返って来て、それにやけに納得してしまいました。

CDやバンドの件はさて置き、みんな自分の家は流されちゃいないし、
とりあえず明日飯を食べる金に困ってる訳じゃない。
自分の事にいっぱいいっぱいなのかもしれませんが、
少しだけでも、本当に困っている人のために手を差し伸べてみませんか?


ところで明日のライブは、もともと自分だけのためだけに生きてるんじゃなく、
とびきり暖かくて、熱いハートを持つ奴らが集まりますので、
きっと大きなパワーを生み出す事でしょう。

ひとりひとりの力はわずかでも、100人集まれば、100倍の力になります。
しかもシラけた100人じゃなく、とびきり熱い100人だったらなおさらです。
ライブに来られないからと、既に募金を届けてくれた仲間もいます。

チャリティライブをやるつもりは無いので、募金は自由意志です。
今回もDJブース近くに募金箱を設置しますので、もしその意志がありましたら、
1杯余分に飲んだつもりで協力してくれたら嬉しいです。

集められた募金は、直接南木曽町の役場へお届けし、
家を失った方に役立てて貰えるよう、伝えて来たいと思っています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\'N\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

明日はちょっと天気も悪いかもしれませんが、
恐らくその雨が上がれば梅雨明けでしょう。

ジメジメした気分を吹き飛ばす、とびきり熱い夜となる事をお約束します。
夏の始まりに、いっちょ景気付けと行きましょうか!!

自分の事でいっぱいいっぱいな人、
ツレションに付き合う事しか出来ない人は、家でTVでも見ていて下さい。

熱い方の人、明日はブレスでお待ちしております。

RRW01告知その7〜出演バンド紹介・KEEPONS編
出演バンド紹介のラストを飾るのは、地元No.1カリスマバンドの"キポンズ"さんです。

キポンズの魅力に関しましては、こちらでも熱く語っていますのでご参考いただきまして、今回はキポンズとTHE FACEの夢の競演について語りたいと思います。

キポンズはブレスで、数々のパンク系大物バンドと共演し、その盛り上がりでは一歩も引けを取らないスーパーバンドなのですが、実はTHE FACEの事も、B.A.Dに所属して有名になる前からよく知っていたとの事です。

それで2011年のHRN#12にTHE FACEが出演した時には、
「掃除を手伝うからリハを見せて欲しい」と言われ、
こちらも恐縮ではあったのですが、手伝ってもらったりしました。

そんな事も有り、いつかTHE FACEさんとキポンズさんを
共演させたいな〜とは思っていたのですが、
今回がラストツアーになるとの事で、これを逃してチャンスはないと思い、
競演をお願いすると、ほぼ二つ返事でOKを頂きました。

実は予想はしていましたが、HRN#18が終わって直後という事も有り、
いつも必ず来てくれる人が来れなかったりで、
チケット販売において、個人的にはかなり苦戦しております。

しかしそんな中、キポンズさんは健闘してくれている様子でして、
恐らく今回集まって頂くお客様は、ほとんどがキポンズさん目的の
お客さんになるかと思います。

キポンズはバンドとして素晴らしい事は何度もお伝えしている通りですが、
実は集まるお客さんも、ノリが良くて、熱くて素晴らしいのです。
そんな訳で、今回も会場が熱く盛り上がる事は間違い有りません。

THE FACEはもちろんですが、その前の"キポンズ"にも要注目ですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\'N\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

キポンズの出演は3番目、19時40分頃の予定。
THE FACE vs KEEPONSのガチンコ対決。
これは見逃せませんね!!
RRW01告知その7〜出演バンド紹介・LOOSE編
今回は出演バンド紹介の2回目としまして、"LOOSE(ルーズ)"さんを紹介させて頂きます。

数年前のバイカーミーティングで見かけて一目惚れしまして、すぐに声を掛け、HRNには何度も出演していただいているので、もうお馴染みかと思います。

基本的にメンバーは俺の中学の時の1級下ですので、
リアルタイムで影響を受けた音楽がほぼ同じ。

モッズにロッカーズ、ARBなど、
80sのジャパニーズロックにこだわってカバーする姿は、
スタイルとしてカッコいいと思います。

今回の出演は、ギターの塩見君の
「THE FACEと対バンしたい」という願いを実現させた形です。

THE FACEは多彩なギターサウンドが魅力のバンドですが、
塩見君も中学当時からギターが上手く、地元では数々のギタリストに
影響を与えた人物でもあるので、今回の対バンは注目です。

昨年元"ARB"のキースさんとの対バンで、全曲ARBで押して
キースさんより絶賛を受けたルーズ。
今回は何が飛び出すのか、今からとてもワクワクしますね!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\'N\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

出演は2番目、19時05分の予定。
低い位置で弾く塩見君のギターも、こだわりの80sスタイル。
高校時代の文化祭に戻ったノリで、盛り上げましょう!!

RRW01告知その6〜出演バンド紹介・SHOUT!編
これから3回に渡って、
"ROCKNROLL WEEKENDER vol.1"の出演バンドのご紹介を行ないます。

まずトップバッターで登場するのは、HRNでもお馴染みの"SHOUT!"
彼らの魅力は、分りやすい、誰でも乗れるロックンロールにあります。
通常のイベントって、1バンド目はフロアが寂しい事がありますが、
今回もきっと1発目から、フロアを湧かしてくれるに違い有りません。

SHOUT!は今年、メンバーチェンジ無しで18年目を迎える、
絆の強さでは、全国でも有数のバンドと言えます。

中津川にブレスが出来た当初から一緒にやって来て、
"HRN"では、長らく不動のレギュラーの地位を守っていました。

長くやっているだけに地元では知名度も高く、
スタイルも確立されており、市内のイベントに参加すれば
当たり前の様に、毎回盛り上がるバンドです。

しかしそれだけに守りに入り、今一歩の進化を阻んで来た事も事実でしょう。
5月のHRNでは初めてのレギュラー落ちを経験し、
それなりに思うところは有ったと思います。

いまはまだ、今後の方向性に対し、試行錯誤の段階かと思いますが、
俺自身、今年初めてのSHOUT!のステージを、
暖かく、そして厳しく、見守りたいと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\'N\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

SHOUT!の出番は1番目、18:30から。
俺にとっては分身の様なバンドです。
是非最初から盛り上げて行きましょう!!

RRW01告知その5〜ご来場者プレゼント編
今回はHRNではないので、
お楽しみ抽選会などはありません。

また中津川駅に近いブレスという事で、
電車でのご来場の方へも配慮しまして、
名古屋方面の最終22:12に間に合う様な感じで、早く終了させる予定です。

ただアンコールの盛り上がりは何とも想像付きませんが、
少なくとも本編は22時までには終わるはずです。

で、ずっと考えていた来場者プレゼントなのですが、
自分はライブに行ってあまりそういうものを貰った記憶はないのですが、
皆さんをお招きする立場からすると、せっかく来て頂いたのだから、
何か記念になるものをお渡ししたいという気持ちが起きる訳です。

缶バッジではHRNと被ってしまって面白くありません。
かといって市販のオリジナルグッズを調べてみると、
なかなか150個という少ない数では作れませんし、
仮に何かを作るとなると、最低ロットでも3万円ほど掛かり、
ライブ自体も赤字になる可能性があるのに、
更にこれを自腹でご用意するには、負担が大き過ぎてしまいます。

ストラップやキーホルダー、タオルなど、色々候補は挙がったものの、
結局自分で作れて、しかも低コストで出来るものという事で、
今回はイベントオリジナルのステッカーを作りました。

このステッカーは、少量の場合、色んな方から頼まれて作ったりしてるのですが、
材料と仕上げにはこだわっていまして、決して安っぽいものではありません。

市販品で300円とかで売ってたりするステッカーでも、クルマに貼ってたら
すぐに退色してしまったり、糊が弱くてフチが剥がれて来たり、
オーバーコートにヒビが入ってしまってガッカリしてしまうものですが、
これは5年貼っててもビクともしない自信があります。

実際自分の軽自動車には、リアウインドウに沢山のステッカーを貼っていますが、
実はこれは自分で作ったものに、対候性テストを行なっているのです。

同時に市販品や、業者で大量に作ったものも比較の為貼っていますが、
ダントツで自分の作った物が強く、
中には10年を超えて、美しさを保っているものもあります。

と、話しは逸れてしまいましたが、今回の来場者プレゼントは、
限定150名様に、写真のオリジナルステッカーを差し上げます。
サイズは90x45mmほど。
ささやかではありますが、どうか記念にお持ち帰り頂けたら幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\'N\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

残り10日を切りましたが、チケットはまだまだ余裕があります。
東海地方は8/2豊橋、8/10名古屋もありますが、
盛り上がりに関しては中津川も有数だと思いますので、どうかご検討下さい。

来週は地元の強力な共演バンドについてご紹介させて頂きたいと思います。

RRW01告知その4〜ロックへの愛情編
※7/3に一旦掲載したものですが、文章が気に入らなかったので、一旦削除し、大幅に修正して7/7に再掲載しました。
よろしければ、読み返してみて下さい。



まだHRN#18の準備中の4月に7月のライブを決め、"RED LIST"のレコ発ツアーのため、名古屋へ向かったのは5月9日の事。

このイベントは"モンキーキャバレー"という名古屋の老舗のイベントで、
まだTHE FACEが、今ほど有名になる前から、良く出演していたそうです。

まだ活動休止宣言は一般的には発表されて居ないタイミング。
MCでJOEさんはこのモンキーキャバレーというイベントについて語ります。

「ずっと昔から世話になって、世話になりっぱなしなままで恩返しも出来ず・・。
でも、まあまあ、いつか必ず、恩返しさせて貰いますよ・・・。」

この言葉の中に、JOEさんの悔しさ、口惜しさが感じられ、
活動休止を知っていた俺は、知らなかった人とは別の感情で
この言葉を聞き、胸が張り裂ける様な思いを感じました。


THE FACEがどんな理由で活動を休止するのか、
自分は聞いてないし、また聞くつもりも有りません。

10年もメンバーチェンジなしでバンドを続け、
しかも第一線で活躍し続けるなんて、並大抵の事ではありません。
しかしもっと売れていたとしたら、きっと活動休止という選択を
選ばなくても良かったんじゃないかという、割り切れない気持ちが残ります。

世の中売れる、売れないというのは、結局作品の素晴らしさじゃなく、
どんだけ宣伝広告費を遣うかどうかだと思います。
売れてるバンドやアーティストを支持する人は、自分で選んでる気でいながら、
実はメジャー資本の大量の宣伝に乗せられ、踊らされてるに過ぎないと思います。

セカイのなんとかってのが、「今時、まだギター使ってんの?」と
発言したとかしないとか。彼らの事は否定はしませんが、
彼らは、本当に作品の素晴らしさで売れたとでも思ってるんでしょうか?

AK何とかってのも同じだと思いますが、実際はには自分たちが売れる事で、
幸せになる大人達が居て、その大人達の幸せの為に、駒のひとつとして
扱われてるに過ぎません。作品を作る者より、投資をした大人達の方が
大きな利益を得る世界。悲しいけれどそれが現実なのです。

普通は昼間必死に働いて、夜は寝る間も惜しんでスタジオに入り、
週末はバンドワゴンに乗り込んでツアーを回り、夜通し走って帰って来て、
月曜からまた仕事に向かう、、
いくらその瞬間は華やかにスポットを浴びていたとしても、
不安定な生活で、大切な人と約束も出来ず、時間も、カネもない。
普通の人が得られる幸せってやつにはほど遠い存在な訳です。

そしてそんな売れないバンドを支持しながら、
日本全国をツアーバンドを追って、自分が得られる給料の大半を注ぎ込みながら、
無私で応援し続ける、けなげな仲間も居たりするのです。

だけどロックバンドなんて、やりたい事、言いたい事が言えなきゃクソなので、
売れる事が全てじゃないし、インディーズで活動するってのは、
そういう覚悟があっての事でしょう。
それは純粋な、ロックへの情熱や、愛情ってやつがなきゃ出来ない事だと思います。

自分はこんな苦労とは無関係で、ただ好きなバンドを集めて、
能天気にイベントやってるだけのお調子者に過ぎなくて、
こんな分った様な事を書くのはちゃんちゃらおかしいとは思いますが、
だけど自分のイベントに出てくれるバンドの方には、満員のお客さんの前で、
もの凄い盛り上がりの中でライブをやって欲しいと願っています。

だから今回は、そういう思いを込めて、
"ROCK\\\\\'N\\\\\'ROLL WEEKENDER"という新しいイベントを立ち上げました。

ともかく今回は、活動を終えようとしているTHE FACEに、
ハコを揺るがす様な熱気の中でライブをやって欲しくて、
またファンの方にも心から熱狂して欲しくて、そのためだけに始めました。

だからvol.1とは名乗ってますが、vol.2があるのかどうかなんて自分にも分りません。
ともかく7/19に、燃え尽きるほど熱く盛り上げたいだけなのです。

今回は地元最強の"キポンズ"、
そしてTHE FACEとの対バンを熱望していた"ルーズ"、
ずっと一緒にイベントを育てて来た"シャウト"の助けを得て、
きっと沢山のお客さんに集まって頂き、今回のTHE FACEのラストツアーの中でも、
有数な盛り上がりとなることは間違いありません。

だけどそれを実現させるには、皆さんの助けが必要です。
音楽に厚い恵那・中津川のパワーを結集し、
THE FACE自身をも驚かせる様な盛り上がりで、見送る為じゃなく、
今まで信じてやって来た事が間違いじゃなかったって伝えるため、
我々の声を届けたいと思います。

ロックを愛する全ての人へ。

是非皆様のご参加を、出演者、スタッフ一同、心からお待ちします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\\\\'N\\\\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\\\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


7/19は小学校は夏休みの初日らしく、
子供会の行事と重なって来れない人も多く、
正直ここまで今回は、かなり苦戦しています。

だけどきっと、全国どの会場よりも、
中津川ブレスに一番多くのお客さんが集まり、
一番盛り上がるってことを、信じています!!
RRW01告知その3〜THE FACEの軌跡編
2006年4月3日
自身のレーベル・ギャングスタビルより、
1stアルバム"Rockafellows Never Sleeps..."発表。

現在のスタイルとは一線を画す、自身のルーツである、
クラッシュ・ドールズ〜60\\\\\'sガレージを匂わせる、激しく、
荒削りな演奏とボーカルが魅力の作品で、数々のクラブヒットを生みました。

このアルバムのライナーノーツは同じ広島出身の岩川浩二氏。
大きな期待を抱かせるに充分なデビューを飾りました。


2007年7月11日
自身のレーベル・ギャングスタビルより、
2ndアルバム"モスキート・ワイズ"発表。

デビューより1年3ヶ月。満を持して11曲入りのフルアルバムの発表。
豪華ゲスト陣を迎えてのスカ、レゲエ、ブギーセッションも収録した、
新境地を開いたアルバムで、ハイカットやホームランなどの人気曲の
生まれたアルバムでもありました。


2008年4月16日
自身のレーベル・ギャングスタビルより、
6曲+DVD3曲入りのミニアルバム"エッセンシャル"発表。

このアルバムはバイクボーイさん在籍時の古いナンバーから
取り入れた6曲という、貴重な音源。今でもライブの定番曲となる
曲も多く、THE FACEのエッセンスが詰まった一枚。


2009年8月6日
岩川氏のB.A.Dレーベルからリリースされた
5曲入りマキシシングル"コヨーテ"

ロックンロールの名門、B.A.Dレーベルからの華々しきデビューとなる、
岩川氏プロデュースによる記念すべき1枚。
歌や演奏も格段のレベルアップが望まれ、それを実現した一枚。


2010年3月24日
B.A.Dレーベルより満を持して発表された
3rdアルバム"コヨーテとくろい鳥"

2枚組12曲という意欲的な作りで、過去の名曲の再演と、
特長的な美しいメロディの新曲の詰まったアルバム。
レコ発ツアーをマックショウと行い、全国にその存在を知らしめた一枚。


2011年7月31日
B.A.Dレーベルよりの第3弾ミニアルバム
"砂漠のネズミ"発表。

前作に引き続き、デジタル処理を拒否した、演奏力と歌唱力が問われる
アナログにこだわって録られた、THE FACEの世界観が余すところなく
表現された一枚。このレコ発ツアーで、中津川に初上陸。


2012年9月19日
B.A.Dレーベルからの第4弾マキシシングル
"Worn Shoes"発表。

前作より1年近くが空き、アルバムではなく、マキシシングルとして発表された作品。


2013年5月22日
B.A.Dレーベルより、3年振りにようやく発表された
4thアルバム"Time is Tight"

意欲的な全国ツアーも展開し、中津川にも2度目の登場を果たした作品。
アルバムのキャッチコピーにもある通り、全力を振り絞って作られた一枚。


2014年5月4日
B.A.Dを離れ、自身のレーベルギャングスタビルより
5thアルバム"RED LIST"発表。

入手困難な初期3作品を、セルフプロデュースにより
再演・再録・リミックスを行なった、価値ある初期ベストアルバム。
新たなる新境地を切り開く一枚かと思われたが、、


2014年6月11日
自身のレーベルギャングスタビルより
6thアルバム"Perfect Crime"を発表。

それに先立って5/17に、無期限の活動休止を宣言。
最後となる作品ではありますが、曲に悲壮感は微塵もなく、
いつもの美しいTHE FACE節は健在。


最後にオフィシャルサイトに発表された、挨拶文を紹介します。


ファンの皆様、関係者各位


この度、8月29日開催予定の、THE FACE in CLUB CIRCUIT 2014 「PERFECT CRIME」渋谷CLUB CRAWL最終公演をもちまして、ザ・フェイスは無期限で活動を停止させて頂く事となりました。

結成以来、メンバー全員、全力で音楽活動を続けてまいりました。メンバーの不仲、経済的危機、精神的限界、体調不良、今まで幾度となく立ちはだかる壁を乗り越えてまいりましたが、ザ・フェイスとしての音楽活動は一旦休止させて頂きます。誠に勝手ではございますがご理解頂ける事、切に願うばかりです。

今後の新たな活動については、メンバー各々が前向きに検討し、改めて皆様にご報告させて頂きたいと思います。

6月11日、ニューアルバム「PERFECT CRIME」発売に伴い、6月14日福島JACK&BETTYを皮切りに全国ツアーをスタートを致します。
8月29日渋谷CLUB CRAWL 最終公演まで、各会場で皆様にお会い出来るのを、メンバー一同心よりお待ちしております。

今まで応援して頂いたファンの皆様、関係者の方々には改めて心から深く感謝いたします。

以上、ご報告させていただきます。

2014. 5. 17 GANGSTERVILLE GARAGE

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\\\\\'N\\\\\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\\\\\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いままで何度と無く、大好きなバンドを失って来ました。
バンドとして活動して行く事は、本当に大変な事です。
それが痛いほどよく分かるから、仕方ないと思う反面、
日本の音楽業界のあり方について割り切れない一面も有る訳です。

こうしてTHE FACEの軌跡を辿って来まして、
次回その辺りの気持ちと、今回のライブに掛ける思いを綴ってみたいと思います。

RRW01告知その2〜THE FACE誕生前夜編
ふと気付けば、
既に1ヶ月を切っています。

最後となるニューアルバム"PERFECT CRIME"が
6月11日発売となり、最終となるツアー
"THE FACE in CLUB CIRCUIT 2014 PERFECT CRIME"も
6月14日から始まり、全18公演中、既に5公演が終了しています。

泣いても笑っても(追加公演が無い限り)、
あの"THE FACE"のステージが見られるのは
残りわずか13公演のみです。

東海地方は7月19日の中津川が岐阜県唯一の公演で、
愛知県は8月2日の豊橋と、8月10日の新栄Tiny7ワンマンの
2公演、計3公演しか見られるチャンスはありません。

もうあまりのんびりしてはいられないので、
これからどんどん告知の方も頑張って行きたいと思いますので、
どうか最後まで、お付き合い願います。

THE FACEは、1998年にJOEさんの前身バンド、"10cent Pistol"が解散し、
まだ素人だった地元の後輩、KO-SUKEさんが、JOEさんに新しいバンドで
ギターを弾かせて欲しいと連絡を取ったところから始まりました。

同時期に他のバンドを解散して荒れていたという、現マックショウの
バイクボーイさんをドラムに招き入れ、同郷の広島出身で、
たまたま東京の近所に住んでいたSHINSAKUさんも合流し、
1999年にそり歴史をスタートさせました。

下北沢、渋谷辺りでライブを重ねつつ、自主制作で3枚のCDをリリースし、
それなりの評価も受け、西日本へのツアーも成功させます。

2004年にバイクボーイさんがマックショウに正式加入すると、
現ドラムのチャーリーさんが参加し、サウンド的にもクラッシュを
意識したものに原点回帰し、ここに現THE FACEの基本形が完成します。

2005年に自主レーベル"GANGSTARVILLE RECORDS"を立ち上げ、全国展開開始。
企画・制作・録音・デザインまでを全て自分たちで仕切り、
2006年"Rockafellows Never Sleeps..."で正式デビューを飾りました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\'N\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回はTHE FACEの成り立ちについて振り返ってみました。
当時から知っていた訳では有りませんので、聞きかじった情報に過ぎませんが、
俺自身も今回のラストツアーの一翼を担う上で、もう一度THE FACEと、ちゃんと向き合ってみようと思っています。

うまく完成させられるか分りませんが、皆さんに、THE FACEの最後の中津川公演を
最高に楽しんで貰える様に、出来るだけの事はしたいと思います。
是非続きを楽しみにしていて下さい。

RRW01告知その1〜新イベントやるぜ編
ライブが終わると、
「ゆっくり休んで下さい」と、ねぎらいの言葉を掛けて頂く事が多く、本当に有り難く感じます。

しかし今回はHRN#18当日、5月24日大安に次のイベントの開始のアナウンスを出しまして、全く休む間もなく、次のイベントをスタートさせる事になりました。

昨年は通常年に2度のHRNを3度行ないまして、精神的にも、体力的にも辛かったですし、11月の動員に対しても、悪影響が出ました。

HRNは単純なライブではなく、それ以外にも色々な準備が必要で、相当なエネルギーを要するのです。
やはりHRNは、年2回が限界です。

ところでHRNが間近に迫った4月の中頃、
THE FACEの青山さんより電話が入りました。

「ニューアルバムのツアーを予定してるんですが、7月に岐阜で出来ないですかね?」

「岐阜」と言われたら、岐阜県民は、岐阜市周辺を想像します。
自分は岐阜県民ですが、岐阜市周辺にはツテが無いので、全く分りません。
そうなると、自分に振られた場合、それは中津川周辺を表すと捉えます。

しかし上記の様な理由で、今年は5月と11月以外に何かをやるつもりは無く、
またイベンターの負担も大きいので、一旦はその場で断りました。

ところがその時、青山さんから意外な言葉を聞かされます。
「実は8月一杯で、一旦活動を休止しようと思ってるんです」
「中津川の盛り上がりは全国でも有数なので、是非やらせて貰いたいのです」

そう言われると、なかなか無下に断る事が出来ないのが、自分の弱い所です。
そこからは、HRNに悪影響の出ない形でやるにはどうすれば良いか?
頭をフル回転させて導き出した答えが「ブレスで、別のイベントを立ち上げる」でした。

今まで2度、ジャンゴでTHE FACEを観て来て、彼らのサウンドは、
ブレスの方が相性が良いんじゃないか?と言う事はずっと感じていました。
そう、個人的に、THE FACEをブレスで観てみたいと思っていたのです。

もし8月に活動を休止してしまうなら、その希望を叶えるのは、
今回が最後のチャンスなのかもしれません。

数分前に一旦は断ったクセに、「ブレスでTHE FACE」
そのアイデアにやけにワクワクしてしまい、電話を切ったその場で
ブレスのリスケちゃんに電話をする自分が居ました。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

"ROCK\'N\'ROLL WEEKENDER vol.01"

毎日汗水垂らして働いた週末、バンドワゴンに乗り込み、街から街へと旅するバンドマン。そして最高のロックンロールを求めて、街から街へと旅するグッドフェローズ。
何の得にもならない。理屈じゃ説明出来ない。有るのは消えないロックへの初期衝動。
ロックンロールの週末旅行者に、愛を込めて。

THE FACE in CLUB CIRKIT 2014 "PERFECT CRIME"
日時:2014年7月19日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「ブレス」
岐阜県中津川市新町8-5フラワービル2F(中津川郵便局斜め前) TEL:0573-66-6330
出演:THE FACE(東京・ラストツアー!?)
KEEPON\'S(地元人気No.1カリスマバンド)
LOOSE(80sジャパニーズロック)
SHOUT!(バックビート・ロックンロール)
DJ:RUPPI(RED HOT), kato
チケット:前売2,000円 当日2,500円 高校生1,000円(中学生以下無料)
入場時にドリンク代が別途500円必要です。
チケットは限定150枚+α
チケット問合せ先:ブレス 0573-66-6330
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


という事で、新たなイベントを立ち上げました。
大した内容ではないかもしれませんが、イベントへの思い、
音楽業界への思いなど、ちょっとしたコラム的に綴って行こうと思います。
どうかしばらくお付き合い願います。

狭いブレスと言う事で、チケットには限定数があります。
我々に取って150枚は、決して多過ぎる枚数ではありませんので、
是非お早めのご購入またはご予約をお薦め致します。

HRN#18告知その9〜缶バッジデザイン編
さて、いよいよ明日となりました。
今回は結構な手応えを感じていまして、明日はかなり盛り上がる事、間違い有りません。

気温も上がり、天気も抜群に良さそうなので、最高のコンディションで当日が迎えられる事をとても嬉しく思います。

ただ日が陰ると、表は少し肌寒いと思われますので、何か羽織る物をお持ちになると良いかと思います。

HRNは通常のライブとは違い、単にバンドが演奏するのを見せるだけじゃなく、ここで過ごす時間を楽しんで頂く事を大切に思っていますので、明日は特に、賑やかで、楽しい時間がお過ごし頂ける事と信じます。

もし急に予定が空いたり、ギリギリまで迷ってたとしても、
その場で不利益の無いよう、臨機応変に対応いたしますので、
どうかお気軽にお越し下さい。

さて、告知も今回が最後になりましたが、
恒例のご来場者プレゼントの、缶バッジデザインを発表します。
今まで数え切れないほど(本当は数え切れますが、数えるのが面倒なだけ)の
デザインをリリースして来ましたが、今回は、過去に人気の高かった
デザインを復刻してみました。

まだネタは尽きませんので、新作を用意する事も出来るのですが、
逆に毎回デザインを一新してしまうと、お客様から「集める」楽しみを
奪ってしまってるのではないかという、反省点がありました。

ですので今回から数回に渡っては、実験的に、
同じデザインで続けてみようかと思います。

過去に30mmの大きなサイズで作った物と、モチーフが有名で
分りやすいデザインをリメイクし、12種類ご用意いたしました。

同じデザインと言っても、作りだめはせず、今回もどこかに"18th"の
表示を入れて、見た目は同じでも、毎回違う物として仕上げます。
場合によっては色も変えるかもしれません。

この先12回も続けられるとは思ってないので、
コンプリートは難しいかと思いますが、
気に入った物を集める楽しみを感じて頂けたら嬉しく思います。

ただ今回は、前回すごく余ってしまったので、ちょっと少な目に作っています。
今回のデザインのものが無くなったら、前回までの残りのデザインのものの
ご提供となりますので、出来ればお早めのご来場をお薦めします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

都合により、DJのkatoの出演は無くなりましたが、
RUPPIとBAWとで、フロアを盛り上げますので、ご期待下さい。

今回もお子様向けのオリジナルデザインのチロルチョコもありますし、
恒例のお楽しみプレゼントにも、多数の景品が寄せられています。

お楽しみ抽選会は、5バンド目が終了した時点、トリ前に行ないます。
景品は、当たればチケット代以上の価値のある商品が多数ですので、
どうか最後まで残って、楽しんでいただけるよう、お願いいたします。

それでは明日、皆様のお越しを、出演者・スタッフ一同、
心からお待ち申し上げます。

HRN#18告知その8〜クリームソーダ中津川店への思い編
クリームソーダとの初めての出会いは、1981年、高校一年生の時でした。

ストレイキャッツのデビューアルバムを貸してくれたリッチな同級生が、
スネオよろしく、休み時間にみんなを集めて広げていたのは、
当時のクリームソーダの、手描きの通販カタログでした。

ドクロのマークと、可愛いティミーのマークが特長的で、
最終ページの「ニセモノ注意」の文字がとても印象的でした。

当時は全く情報源が無く、ニセモノもなにも、
ホンモノすら知らなかった訳ですが、
白黒の手描きのカタログに、もの凄くワクワクした事を覚えています。

ただ当時は宅急便が全国展開されておらず、
送料の1,500円というのが高過ぎて、まるで手の届く存在では
無かった事を良く覚えています(おこずかいが3,000円ほどだった)。

そんな状態ですから、当時は洋服などには全く手が出ず、
もっぱら眺めていたのは小物で、中でも一番欲しかったは、
カッコいい柄の付いた、ヒョウ柄のコームでした。

今では当たり前のコームですが、当時はクリームソーダ以外に
あのデザインのコームは見かけなかったのです。

コーム500円(たしか)に対して、送料が1500円。
そりゃ勿体無くて、通販は使えませんでした。

初めて実際のお店を訪れたのは、1982年。
修学旅行先の、クリームソーダ京都店でした。

ヴィヴィアンの看板が輝いていて、お店の中はそれはもうキラキラしていました。
リーゼントにクリームソーダのファッションの店員さんが、ちょっとおっかなくて、
それはもうスターの様にカッコ良く見えた事は言うまでもありません。

そしてそこで念願の、ティミーのパレットロゴのついた
ヒョウ柄の柄の付いたコームを手に入れます。
これこそが、マイ・ファースト・クリームソーダでした。

そんなクリームソーダのお店が、今回も中津川ジャンゴに限定オープンします。
通販すら気軽に利用出来なかった憧れのブランドに、
限定的とは言え、中津川に出店してもらえるなんて夢の様です。

バッジやら灰皿やら、小物をどんどん買って見せびらかしてくれた、
あの時のスネオ風の同級生に、俺は店ごと来てもらったよって、自慢したいです。
そして俺は言ってやるんです。俺は30年間、ずっとこれが好きなんだよって。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回も目玉商品満載です。
いままでネット限定だったミッドナイトブルーの財布に、iPhoneカバー、
30年前にもあったボーダーのTシャツ。

そして懐かしい柄のボウリングシャツに新柄のヒョウ柄シャツ、
そして今の俺の目には、カスリ柄のシャツなんかがとても魅力的に映ります。

店長のJimmyさんは、とても明るく、魅力的な人です。
どうかごゆっくり、お買い物もお楽しみ下さい。

HRN#18告知その7〜ザ・ビートアクションズ編
今回は
もう15年来の付き合いなのに、
意外にも初登場となる、
"ザ・ビートアクションズ"のご紹介です。

ギター/ボーカルの竜君は、実は俺の、
中学の時の先輩に当たります。

自分の頃の中学というのは、
校内暴力という言葉が社会問題に
なっていた頃で、一番荒れていた頃でした。

そんな頃ですから、小学校卒業間もない鼻たれ小僧の自分には、
当時の中学3年生というのは、別世界の大人に見え、
もちろんとても恐ろしく、別格の存在でした。

その中でも竜君はカッコ良く目立ってた先輩で、
当時からバンドもやっていて、ロックと言えば竜君
といわれるほどの、憧れの先輩でした。

時は流れ1997年。ブレスの開業1年後に、
竜君が同級生を集めて、バンドを再結成し、
音楽活動を再開します。

それが"ザ・ビートアクションズ"で、憧れの先輩がライブをするって
言うので、喜び勇んで見に行った想い出があります。

その後、中学当時では考えられませんでしたが、
仲良く接してくれるようになりまして、
ビートアクションズのライブは、ほとんど見に行きました。

HRNを始めた頃には、本業の和風レストラン「五万石」にて、
中津川の新名物となる「しょうゆかつ丼」の展開をはじめ、
「中津川しょうゆだれ俱楽部」のプロデュースと、
しょうゆだれメニューの普及に多忙になり、バンドはお休みしていました。

しかし2年ほど前から、ブレスの周年記念などで再びステージに立つ様になり、
機会を伺っていたのですが、ようやく念願叶い、
今回初めての、HRNへの出演が実現したという訳なのです。

ザ・ビートアクションズさんこそ、HRN開始当初から暖めて来た
地元バンドの最終兵器のひとつです。

当日は5バンド目の登場となります。
どうかお見逃しの無いよう、よろしくお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

伝わりやすい歌詞に、ノリやすいメロディ。
クラッシュやMODSに影響を受けたザ・ビートアクションズの
"PUNK & BEAT"のスタイルは、いつまで経っても不変です。

今回はシャウトのドラマー、ヒロシ君がサポートします。
50代のロッカーのシャウトを、是非そのハートで感じて下さいね。

HRN#18告知その6〜More2編
今日は初登場の、
注目のバンド"More2"をご紹介します。

この子達は、仲間うちの子供達で結成されている
バンドでして、4人のメンバー全員がまだ高校生です。

以前からキポナイなどに前座として
出演してるのは見てましたが、やはり若くて
音楽に真剣に取り組んでいる子達は上達が早い。

見る間にメキメキ腕を上げ、今年は2月の豆ブギ10周年、
3月のキポナイと、連続して大きなイベントに出演し、
その存在感をアピールしています。

この子達は、まだ中学生の頃から親に付いてHRNに
遊びに来てくれていた子達で、今回こうして出演者として
招く事が出来るのを、自分も嬉しく思いますし、彼らも、
またその親さんも、とても喜んでくれまして、イベンター冥利に尽きます。

以前から「高校生500円、中学生以下無料」と設定しているのは、
お客さんとしても、演奏者としても、「ロック好きな若い子を育てる」
という目的が有っての事なので、こうして実際に思った様な結果が出る事は、
やはり自分のやり方は間違ってなかったんだと、自信にも繋がります。

彼らは、ただ出演するだけじゃなく、沢山の若いファンを
連れて来てくれる事も、イベンターとしては魅力に感じる部分です。

今回は、クルマを持たない高校生には不便な場所にあるジャンゴなので、
あまり大きな期待は出来ないかもしれませんが、それでも今回のフロアは、
いつもより平均年齢がぐっと下がるのでは? と期待しています(笑)

若くて、可能性のたっぷり詰まった、はじける様なステージ。
見ているだけで絶対元気が貰える事請け合いですので、
是非皆さん、最前での応援をよろしくお願い致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

今回、個人的に同窓会と重なってしまったマジョリカオーナー宮内さんには
無理を言いまして、高校生の皆さんには、帰りは店のマイクロバスを用意してもらい、
駅をはじめ、最寄りの目的地までは送ってもらえる予定でいます。

もしかしたら電車などの時間に合わせて、
時間をまとめてもらう必要はあるかもしれませんが、
帰り道の心配はせず、ごゆっくりお楽しみ下さい。

HRN#18告知その5〜ザ・ビールートズ編
5月第2週も
半ばを越え、いよいよ残り2週間を切りました。

少しペースを上げて、出演バンドさんのご紹介をしますので、よろしくお付き合い下さい。

当日は地元人気ミュージシャンの結婚披露パーティーと被ってしまい、バンド関係の方の参戦は少なくなりそうですが、地元バンドも価値の高いバンドを集めましたので、皆さんに喜んで頂ける事と信じます。

まずトップバッターは、昨年のHRN#16への出演で好評を博しました、
"ザ・ビールートズ"が登場します。

ライブを見た事のある方はご承知でしょうが、
このバンドの持ち味は、会場のお客さんとの一体感じゃないでしょうか?
小気味良いトークと、ボケ・ツッコミを交えながら、
会場の雰囲気を柔らかく、暖かいものにして行く。

もちろん演奏と歌、コーラスの美しさは特筆ものです。
馴染みやすいビートルズの曲を中心にオリジナルを加えていますので、
初めて見る方にも、きっと楽しんで頂ける事と信じます。

前回の出演時は、ドラムを抜いたトリオでの出演でしたが、
ここは器用なバンドでして、基本がしっかりしているので、
ソロでも、デュオでも、トリオでも、どんな体制でもライブをこなします。

実はHRNの初期の頃から、バンドとしての出演を熱望していたのですが、
なかなか4人が揃う事がなく、今まで実現しなかったのです。

しかし今回はようやく、晴れて念願叶っての、4人での出演となります。
僕自身もとても楽しみにしていますので、是非お見逃しの無いよう、
スタートの6時半には集まっていて下さいね!!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

いつもそうですが、バンドはオンタイムの6時半にはスタートします。
バンドが始まりますと、入口が大変混み合いますので、
是非早めに受付を済ませて頂いて、ゆっくりご覧頂く事をお薦めします。

HRN#18告知その4〜入善ロカビリークラブ編
今回は
もうひとつの富山からのゲスト
入善ロカビリークラブさんをご紹介します。

話しは90年代に遡ります。
MAGICの出現によって、
"ジャパロカ"は一気にニューウェーブとなりました。

ブルーエンジェル、MAGICを中心として、
サンドラディー、ワンナイトスタンズ、
ストレイツ、サイドワンなどが活躍し、
TVに取り上げられる事も多かった時期です。

この頃「日本で一番ウッドベースが売れる街」として
全国的に名を馳せた富山では、
"ザ・クォーテッツ"という有名なバンドが活躍していました。

カバー、オリジナルとも抜群のセンスに溢れ、20年経っても
iPodに入れて繰り返し聴いていたほど大好きだったのですが、
そのバンドのライブは一度も見られないままで、
クォーテッツはどこに行ったんだろうと、ずっと気になっていました。

ところで、入善ロカビリークラブを初めて見たのは、
2年前のリーバイ&グレブラツアーin富山の時でした。

初めてクラブマイロに足を踏み入れた時、会場上手側の壁に掲げられていた、
大きな雷鳥のバナーフラッグのインパクトは忘れられません。

そのバナーに添えられていた"Nyuzen Rockabilly Club"の文字。
ライブ告知で何度も名前は見掛けていましたが、
その時初めて「にゅうぜん」という読み方を知りました。

また、オープン間もない会場のそこかしこに居る、
ボウリングシャツの背中に、雷鳥の刺繍を背負った、
30名以上は居ると思われる、沢山の人達。

これは一体?バンド名なのか?チーム名なのか?
疑問に感じながらも、雷鳥といえば富山の県鳥(実は岐阜も)ですから、
地元愛を感じる、とても良いマークだと好印象を持ちました。

入善ロカビリークラブ(バンド)の出番は1バンド目(OAがあり実質2番目)で、
初めて見るバンドだし、出番が早い事から正直期待はしていませんでしたが、
カバー曲中心であるものの、歌・演奏ともめちゃ上手く、びっくりしました。

驚いたのはそれだけでなく、早い時間にも関わらず、
1バンド目にして100名以上のお客さんが集まり、
いきなりメイン並みに盛り上がった事でした。

この時は打ち上げにも参加させて頂いたのですが、
主催のHotFatsユキさんの「入善さんのお陰で大成功だった」という言葉が
印象的で、あの雷鳥のマークとともに、強烈な印象が残ります。

2度目に入善さんと触れ合ったのは、昨年6月の富山ボデガス・マンボでの、
入善ロカビリークラブさん主催の"ブルーエンジェル"のライブの時。

この時もキャパ一杯、250枚のチケットが、わずか2週間ほどで売り切れ、
かなりの人数をお断りせざるを得なかったと聞き、入善ロカビリークラブとは
一体何者なのかと、もの凄く興味が湧きました。

この時のライブの出番は、トリのブルエンさんの前。
会場はブルエンと変わらぬほど、ステージ前からギュウギュウ詰めの状態で、
とてもアマチュアとは思えない熱気で、俺も思わず2階から見ていたほどでした。

2度目のライブという事で冷静に眺めてみると、ボーカルさんに負けないほど、
上手のグレッチのギタープレイヤーさんが目立っていて、
まるで2トップの様な状態で、会場をどんどん盛り上げて行きます。

ギターの上手さはもちろん、その方の放つ尋常じゃないオーラ、
ギタープレイのポーズのカッコ良さなど、とても無名のバンドの
レベルでは無く、すっかり惚れ込んでしまいました。

そのギタリストさんは、皆から「マサさん」と気安く呼ばれていて、
とても気さくで、厚い信頼を集めている方というのが分かりましたが、
実は「マサビリー」という、富山では伝説的なギタリストであると言う事を聞きました。

それでライブから帰ったあと、マサさんに関して調べてみたところ、
何とマサさんが、元クォーテッツだった事を知ったのです!!

この時のライブでは、ブラックキャッツのオットーさんや、
マジックの炭谷さんといった、富山のロカビリーレジェンドとお会いしたのですが、
知らぬうちに、もう一人の富山のレジェンドと巡り会っていたのです。

20年間も、ずっと憧れ続けたギタリストとの再会。
これはもう、絶対に中津川に来てもらわなけらばならないと思い、
昨年8月のホットファッツの岡崎遠征の時に、HRN#18への出演交渉をして、
今回の富山の2大ロカビリーバンドの中津川公演が実現したと言う訳なのです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

マサさんはクォーテッツの後もオレンヂ・ジェットというバンドや、
「マサビリーレコーズ」という自身のレーベルを立ち上げ、
ずっと富山を拠点にロカビリーとライブを続けていたのです。

マサさんは、自分はただライブが好きでやってきただけで、
周りの仲間がいたおかげなんだと、少しも偉ぶる事無く言います。

そのマサさんの生き方に、もの凄く感激するとともに、
今回中津川にお迎え出来る事を、本当に嬉しく思います。
是非皆さんにも、マサさんのギタープレイを、肌で感じて欲しいと願います。

HRN#18告知その3〜ホットファッツ編
ホットファッツを初めて見たのは、
確か2004年5月の、"カミナリナイトin名古屋(栄タイトロープ)"の時だったと思います。

もしかしたら、それ以前にも
見た事があるかも知れませんが、
記録で辿れるのはこの時が最初です。

山口憲一氏が所属した"MAGIC"が
90年代に、10万枚を越えるCDセールスを連発して
伝説のロカビリー(ロッカビート)バンドと
なっているのはご承知かと思います。

山口氏はMAGIC脱退後久米浩司氏と"RODEO"を結成。
"RODEO"と"MAGIC"解散後に、MAGICのvo.上沢津氏と
山口氏が2001年に結成したのが"wface"です。

ちょうど俺は2001年に結成したてのwfaceを見ましたが、
そのwfaceが、2002年に富山を舞台に立ち上げた伝説的な
イベントが"カミナリ・ナイト"でした。

このイベントは、全国的には下火になっていたロカビリーを、
富山を中心に、全国に波及しながら、各地の優れたロカビリー
バンドを発掘し続け、3枚のオムニバスアルバムという形で、
その功績と足跡を残しています。

ホットファッツは富山でのカミナリナイトにおいて
レギュラーとして参加し、とても重要な役割を担っていました。

また、2004年の北海道のツアーにもwfaceに同行し、
ユキさんはじめホットファッツのメンバーは、
山口氏から絶大なる信頼を得る事になります。

これが伝説的ロカビリータウン・富山において、
ホットファッツがボス的役割を務めている理由であり、
カリスマと呼ばれる所以でもあります。

最初に見た頃は、ギターの方も別の人だったと思いますが、
富山にお邪魔して見る様になってからは、
Vo./WB・ユキさん Dr.・よしみさん G/バンジョー・ユーイチさん
という構成となり、現在に至ります。

ここ数年は、ドラムに"Blue Tears"の島川さんが入る事が
多かったですが、去年辺りから正規ドラムのよしみさんが復帰しています。

彼女達は自分たちのライブを「演奏よりも下ネタトーク中心」と
揶揄して言いますが、実際にはホットファッツには優れた楽曲が多く、
正にネオロカビリーの王道スタイルを貫いています。

特にユキさんがそのギタープレイに惚れて、ブルーグラスの世界から
無理矢理引き込んだというユーイチさんのギタープレイは天才的で、
是非見逃す事の無いよう、お薦めします。

特にそのバンジョープレイは山口氏も絶大な信頼を寄せており、
昨年発表された"リーバイ&グレブラ"のCD"ALL THRU THE NITE"では、
ゲストミュージシャンとしてユーイチさんがクレジットされ、
バンジョーをプレイしています。

ライブに於いても、ユーイチさんのバンジョーソロは名物コーナーで、
観た人が、100人なら100人度肝を抜かれるのは間違い無いほど、
何を置いても見るべき価値のあるプレイだと断言しておきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Hello! Rock Night #18
日時:2014年 5月24日(土)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場:中津川「マジョリカ・ジャンゴ 」
   岐阜県中津川市千旦林177-14 TEL 0573-66-7211
出演:入善ロカビリークラブ(富山のロカビリーレジェンド)
   ホットファッツ(富山のカリスマロカビリーバンド)
   ザ・ビートアクションズ(初登場/中津川の伝説。パンク&ビート)
   モア2(初登場/高校生青春パンクバンド)
   ザ・ビールートズ(変幻自在のロックンロール)
   豆ブギ(昭和ロックンロール!!)
DJ:RUPPI (RED HOT!!), kato(岐阜), Baw(R.B.N)
チケット:ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
高校生は¥500・中学生以下無料
大人は入場時に別途ドリンク代¥500が必要です。

出店:名古屋クリームソーダ
チケット問合せ先:マジョリカ 0573-66-7211
名古屋クリームソーダ 052-251-1967
メールでのお問合せ先:hello.rock.night@gmail.com

※お楽しみ抽選会
※来場者プレゼント有り
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

女性でありながら、ロカビリーの聖地富山の中心的存在として
君臨し続けるユキさん。

2001年より活動を開始し、常に富山におけるロカビリーの盛り上がりの
中心にいたバンドだからこそ、その考えに触れる事も貴重ですし、
発する言葉にもうなづける事が多いです。

自分が尊敬を寄せる方に、今回こうして中津川でライブを
やってもらえるのは、光栄の極みに尽きます。

当日はまだ未定ですが、多くの人に見て頂きたいので、
6バンド中、4バンド目の出演を予定しています。
サンプル音源をご希望の方にはお渡ししますので、声掛けて下さいね。

この文章を読んで下さった方には、演奏の表面的な部分のみならず、
こうした、富山が支えたジャパロカの歴史の一面も含めて
楽しんで頂けると、とても嬉しく思います。

≪ 前の30件| 次の30件

Copyright (C) 2004 suk2.tok2.com. All Rights Reserved.