BIOGRAPHY

SEKILA LAST CABARET, SEKILA, SEKILLA


セキラは元々、3ピースロカビリーバンドの"セキラ・ラストキャバレー"として、2002年名古屋にて産声を上げる。

2003年東京へ進出し、ファーストアルバムを発表。高円寺GEARで行なっていた自主イベント"KAJI NIGHT"は、毎回ソールドアウトの大盛況で、一躍ロカビリーシーンの表舞台に躍り出る。

2005年には、昨年25周年を迎えた、日本ネオロカビリー界の名実共にトップに君臨し続ける"BLUE ANGEL"に、アムロがサポートギターとして参加。

以来現在に至るまで、全国各地のBLUE ANGELのステージをサポートし続けており、リーダーのKEN氏は、今ではアムロの事を「メンバー」と呼ぶほど信頼を置かれている。

2007年には新宿ドクターの名イベント"Rock A Speed"に年間レギュラーとして出演し、自主制作ミニアルバムも計7タイトルリリースするなど、ロカビリーシーンでの地位を確固たるものとした。

その後アムロは、ラッパやら、DJやら、なんやらかんやら楽しいバンドを始めてみたいと思い立ち、2007年一杯でセキラ・ラストキャバレーの活動を休止。

2008年、"SPEED BALL"で活躍していた"HIRO$HI"や、DJとして名を揚げていた"YAGI"に声を掛け、ホーン隊にDJを加えた、全く新しい音楽スタイルのバンド"SEKILA"として再スタートを切る。

2010年、メジャーバンド"Super Baby Face"で活動していた"Betty"がトロンボーンとして加入し、ビッグ・パーティー・バンド、"SEKILA 〜The Wonderful Space Maker"のスタイルが完成する。

2011年。満を持して、セキラとしての初のフルアルバム"Be Bop A Funky Thang!"をリリース。

2012年。2011年一杯で活動を一時休止するが、11月3日に"Midnight Cruise"にて、一夜限りの復活。

2013年。ドラムに次元を迎え、"SEKILLA"として、9月29日の"Beatnik Blues"に出演。
     12月8日、ベースにヨースケを迎え"Sekila Last Caberet"の一夜限りの復活。


Sekila Last Cabaret旧WEBページ